2016金杯はどうだった?

中山金杯

中山競馬場では、第65回日刊スポーツ賞中山金杯(G3)が行われ、3番人気キングカメハメハ産駒ヤマカツエース(鞍上・池添)が、逃げるマイネルフロスト(鞍上・松岡)を直線で捕らえて、今年最初の重賞を制した。

2着は逃げたマイネルフロスト、3着は1番人気馬フルーキー(鞍上・M.デムーロ)でした。

ヤマカツエースは、前走の福島記念(G3)からの連勝で重賞勝利数は通算3勝目。池添騎手は、昨年のJC(G1)をショウナンパンドラ(栗東・高野)以来、キングカメハメハ産駒としては、昨年の朝日杯FS(G1)リオンディーズ(栗東・角居)以来の重賞制覇となった。

レース展開

スタートしてハナを主張したマイネルフロストが握ったそのペースは、前半1000mが62.3。過去10年間の同重賞で、もっとも遅い通過タイムにもかかわらず後続は終始5馬身後方と、当然ながらのスローペース。

4コーナー手前でも積極的な動きを見せない後続を尻目にに、逃げ込みを図るマイネルフロストをヤマカツエースだけがなんとか差しきった、という大味なレースでした。

1番人気だったフルーキーは、ラスト600mを32.7という豪脚を使っても3着まで追い込むのがやっと。4着のライズトゥフェイム(鞍上・石川)は、32.6と、違う意味で凄いレースを見た気がしました。

ちなみに、この32.6の脚は、中山コースのラスト600mとしては、過去最速を更新したと思われます。

中山コースのラスト3Fタイム上位

日付 距離 レース名 馬名 性齢 斤量 着順 3F 1着馬
2016. 1.5 芝2000 中山金杯HG3 ライズトゥフェイム 牡6 56 4 32.6 ヤマカツエース
2016. 1.5 芝2000 中山金杯HG3 フルーキー 牡6 57.5 3 32.7 ヤマカツエース
2015. 4.19 芝1600 春興S1600 サトノアラジン 牡4 57 32.7  
2005.10. 2 芝1200 スプリンG1 デュランダル 牡6 57 32.7 サイレントウィットネス
2015.10. 4 芝1200 スプリンG1 ウキヨノカゼ 牝5 55 32.8 ストレイトガール
2013. 9.21 芝1200 セプテH1600 プレイズエターナル 牡3 53 32.8  
2010.12. 5 芝1600 ターコイH プリンセスメモリー 牝3 52 32.8 カウアイレーン
2012. 9. 9 芝1200 セプテン1600 ボストンエンペラー 牡4 57 32.9 ニシノステディー

次走注目馬

”ど”が付くほどのスローペースで、終始、折り合いを欠いていたネオリアライズ(鞍上・戸崎)は、次走狙いたいですね。まだ、準OPを卒業したばかりなのに初重賞出走での、この図太い走りっぷりが素晴らしい。今後にも期待したいです。

 

京都金杯

京都競馬場では、第54回スポーツニッポン賞京都金杯(G3)が行われ、3番人気ステイゴールド産駒ウインプリメーラ(鞍上・川田)が、直線半ばで先頭に立ち、しぶとく追いすがったテイエムタイホー(鞍上・浜中)を半馬身退けての重賞勝ち。

2着は13番人気のテイエムタイホー、3着は7番人気のミッキーラブソング(鞍上・小牧)が先行粘りこみで波乱の結果となりました。

ウインプリメーラは、昨年5月に準OP戦を再突破して以来の勝利となり、もちろん重賞初制覇。昨年の覇者ウインフルブルームに続いて、ウインウインな結果に。

川田騎手は、昨年の京都大賞典(G2)のラブリーデイで、ステイゴールド産駒は、昨年の天皇賞・春(G1)ゴールドシップ以来の重賞勝利となりました。

そういえば、ラブリーデイの天皇賞・秋(G1)は浜中騎手だったか。

レース展開

まずは、1番人気のトーセンスターダム(鞍上・武豊)が、まさかの出遅れで波乱含みのスタート。ミッキーラブソングが逃げるのか?と思いきや、忍ぶ気ナッシングの最内枠ニンジャが敢然と先頭に立ち、レースが流れる。

好位の外、3番手を追走するウインプリメーラと、その後ろにピッタリとくっ付いたテイエムタイホーの2頭が、直線そのまま抜け出し1着2着。終わってみれば川田騎手&浜中騎手と、やっぱり競馬界の次代のエースはこの二人なんだなぁと、しみじみ。

出遅れた1番人気トーセンスターダムや2番人気オメガヴェンデッタ(鞍上・岩田)を含めた追込み勢には、出番が全く無かったレースでした。流石はJRA馬場造園課の実力、1ヶ月もあれば前が止まらない馬場に直してしまいますね。

川田騎手と浜中騎手のワン・ツー重賞歴

日付 レース名 馬名 性齢 騎手 年齢 人気 単勝 着順
2016. 1. 5 京都金杯HG3 ウインプリメーラ 牝6 川田将雅 30 3 6.1
    テイエムタイホー 牡7 浜中俊 27 13 37.7
2015.10.12 京都大賞G2 ラブリーデイ 牡5 川田将雅 29 1 3.1
    サウンズオブアース 牡4 浜中俊 26 2 3.9
2015. 6.28 宝塚記念G1 ラブリーデイ 牡5 川田将雅 29 6 14.2
    デニムアンドルビー 牝5 浜中俊 26 10 31.3
2012.11.10 京王杯2G2 エーシントップ 牡2 浜中俊 23 5 6.5
    ラブリーデイ 牡2 川田将雅 27 7 16.6
2012. 8. 5 小倉記念HG3 エクスペディション 牡5 浜中俊 23 3 7.9
    トーセンラー 牡4 川田将雅 26 1 2.7
2008. 9. 7 小倉2歳G3 デグラーティア 牝2 浜中俊 19 3 7.5
    コウエイハート 牝2 川田将雅 22 8 53.8

 

次走注目馬

最後の直線、1頭だけ追い込んできたエキストラエンド(鞍上・吉田隼)には非常に勿体無いレースだったように見えました。3コーナー進入時には、既に身動き出来ない位置取りで、内の経済コースにこだわったのが結果的に災いしてしまった気がします。

 

まとめ

中山金杯の方は、ゼンノロブロイ産駒の二頭、ライズトゥフェイムとステラウインド(鞍上・蛯名)を応援しましたが、それぞれ4着、5着。しかし、ライズトゥフェイムは石川騎手と余程手が合うんでしょうか、ジリッぽいイメージが近走で一変しちゃいました。

京都金杯は、ベルグラヴィア産駒のエイシンブルズアイ(鞍上・和田)を応援しましたが、結果は6着。先行出来るスピードはあると思うので、次走はもっと積極的な競馬をして欲しいですね。

今年最初の運試しは、4着、5着、6着といつもどおりの微妙な結果でしたが、まぁこんなもんでしょう。