中山金杯の見解

正月競馬の中山では、第65回日刊スポーツ賞中山金杯(G3)が行われる。

昨年の勝ち馬ラブリーデイのその後の活躍は記憶に新しいですが、今年の出走馬の中にはそれに続く馬がいてもおかしくない、いや、いて欲しい注目の一戦。

出走頭数は14頭で、前売りの1番人気はフルーキー(鞍上・M.デムーロ)のようです。

2、3番人気はブライトエンブレム(鞍上・C.ルメール)とヤマカツエース(鞍上・池添)が拮抗している模様。

 

中山金杯(G3)出馬表

馬名 性齢 騎手 斤量 父馬
1 ロンギングダンサー 牡7 吉田豊 53 シンボリクリスエス
2 スピリッツミノル 牡4 酒井学 53 ディープスカイ
3 ステラウインド 牡7 蛯名正義 56 ゼンノロブロイ
4 ネオリアリズム 牡5 戸崎圭太 55 ネオユニヴァース
5 ヤマカツエース 牡4 池添謙一 56 キングカメハメハ
6 ブライトエンブレム 牡4 ルメール 56 ネオユニヴァース
7 マイネルフロスト 牡5 松岡正海 57 ブラックタイド
8 フラアンジェリコ 牡8 柴山雄一 55 ネオユニヴァース
9 ベルーフ 牡4 ベリー 56 ハービンジャー
10 フルーキー 牡6 M.デム 57.5 Redoute’s Choice
11 メイショウカンパク 牡9 大野拓弥 53 グラスワンダー
12 バロンドゥフォール 牡6 横山典弘 54 ディープインパクト
13 マイネルディーン 牡7 柴田大知 54 ダンスインザダーク
14 ライズトゥフェイム 牡6 石川裕紀 56 ゼンノロブロイ

 

父馬適性

まずは、中山芝二千の父馬適性を確認しておきましょう。

目立つのは、ハービンジャー産駒の勝率と連対率の優秀さ、逆にネオユニヴァース産駒は苦手とするコースのようです。

人気薄馬であれば、シンボリクリスエス産駒、ゼンノロブロイ産駒を狙ってみたいですね。

 

中山芝2000成績(2011.1.5以降の良馬場データ)

平人気 種牡馬 1着 2着 3着 4下 総数 勝率 連対率 複勝率
5.1人気 ディープインパクト 24 16 17 93 150 16.0% 26.7% 38.0%
5.5人気 ハービンジャー 7 5 1 22 35 20.0% 34.3% 37.1%
6.5人気 キングカメハメハ 16 14 16 100 146 11.0% 20.5% 31.5%
7.0人気 シンボリクリスエス 11 8 8 66 93 11.8% 20.4% 29.0%
7.3人気 ネオユニヴァース 4 5 7 82 98 4.1% 9.2% 16.3%
7.3人気 ゼンノロブロイ 12 8 7 74 101 11.9% 19.8% 26.7%
8.2人気 ダンスインザダーク 3 3 1 47 54 5.6% 11.1% 13.0%
8.7人気 ディープスカイ 0 0 0 10 10 0.0% 0.0% 0.0%
9.7人気 ブラックタイド 2 2 2 27 33 6.1% 12.1% 18.2%
10.2人気 グラスワンダー 3 0 0 20 23 13.0% 13.0% 13.0%

 

騎手適性

このレースを昨年、一昨年と連勝中のF.ベリー騎手(35)。

今年のパートナーはハービンジャー産駒ベルーフ、3年連続勝ちの可能性もありそう?

蛯名騎手(46)の19勝、38連対が非常に頼もしく見えますね。

 

中山芝2000成績(2011.1.5以降のデータ)

平人気 騎手 1着 2着 3着 4下 総数 勝率 連対率 複勝率
3.1人気 M.デム 3 2 0 11 16 18.8% 31.3% 31.3%
3.5人気 ルメール 1 4 2 13 20 5.0% 25.0% 35.0%
4.5人気 戸崎圭太 14 8 10 57 89 15.7% 24.7% 36.0%
4.9人気 横山典弘 4 15 10 88 117 3.4% 16.2% 24.8%
5.0人気 蛯名正義 19 19 9 90 137 13.9% 27.7% 34.3%
5.9人気 ベリー 5 2 3 26 36 13.9% 19.4% 27.8%
7.5人気 柴田大知 6 11 14 125 156 3.8% 10.9% 19.9%
7.9人気 松岡正海 10 6 5 96 117 8.5% 13.7% 17.9%
8.0人気 柴山雄一 7 2 6 41 56 12.5% 16.1% 26.8%
8.1人気 吉田豊 12 6 7 93 118 10.2% 15.3% 21.2%
8.9人気 石川裕紀 3 1 3 26 33 9.1% 12.1% 21.2%
9.0人気 大野拓弥 5 7 4 65 81 6.2% 14.8% 19.8%
9.7人気 池添謙一 0 0 1 2 3 0.0% 0.0% 33.3%
10.0人気 酒井学 0 0 0 2 2 0.0% 0.0% 0.0%

 

まとめ

私がこのレースで注目したのは、ゼンノロブロイ産駒です。

対象となるのはステラウインド(鞍上・蛯名)とライズトゥフェイム(鞍上・石川)の2頭。

ライズトゥフェイムは、全ての勝ち星が中山コースでのモノで適正は断然。

ステラウインドは、やはり蛯名騎手騎乗が魅力ですね。

今年の中山金杯は、この2頭の単勝&ワイドで勝負!