歴史あるジャンプレース

中山グランプリ有馬記念の前日に行われるのが、第138回中山大障害(J・G1)です。有馬記念が今年で60回目ですから、回数だけ見ると倍以上の歴史があるレースですね。

というのも、中山大障害は、天皇賞(G1)、目黒記念(G2)と同じく、かつては春・秋と1年に2度開催されていたのですが、1999年の春より”中山グランドジャンプ”が新たに新設された為、”中山大障害”としては1年に1回の施行となりました。

それでも有馬記念より、約20年ほど歴史の長いレースなのです。

 

中山大障害(J・G1)登録馬

馬名 性齢 前走騎手 種牡馬 前走
アシュヴィン セ6 林満明 Giant’s Causeway イルミネ 2
アップトゥデイト 牡5 林満明 クロフネ 小倉サマJG3 1
アポロマーベリック 牡6 五十嵐雄 アポロキングダム イルミネ 3
ウォンテッド 牡5 高田潤 タニノギムレット イルミネ 7
エイコーンパス 牡6 高田潤 タイムパラドックス 障害未勝利 1
オジュウチョウサン 牡4 石神深一 ステイゴールド イルミネ 4
サナシオン 牡6 西谷誠 シンボリクリスエス イルミネ 1
シゲルキョクチョウ 牡7 植野貴也 オンファイア イルミネ 15
タニノタキシード 牡5 小坂忠士 タニノギムレット 障害・オープ 1
タマモショパン 牡6 熊沢重文 アドマイヤムーン 障害・オープ 8
ダンツミュータント 牡6 森一馬 マイネルラヴ 京都ジャJG3 1
ティリアンパープル 牝5 山本康志 ジャングルポケット イルミネ 12
ドリームセーリング 牡8 石神深一 クロフネ 京都ジャJG3 4
マイネルミランダス 牡4 山本康志 スクリーンヒーロー 秋陽ジャ 4
マキオボーラー 牡5 平沢健治 メイショウボーラー 秋陽ジャ 1

 

今年の中山大障害の出走予定馬を見て、人気になりそうなのは、やはりこの2頭でしょう。

今年の中山大障害は2強か!?

ジャンプレースの新星

まず1頭目は、サナシオン(栗東・松永幹)でしょう。今年の4月から、平地レースからジャンプレース(障害レース)に路線変更した初戦の障害未勝利戦で、いきなりのレコードタイムで完勝。

その後も連勝を重ね続け、ジャンプレース4戦目の東京ハイジャンプ(J・G2)で初重賞を見事制し、前走のイルミネーションジャンプSでも2着に5馬身差をつけ、レコードタイムの圧勝劇を演じてくれました。

この勢いのまま、無傷の6連勝で頂点に立つ事が出来るのか否か。

ちなみに、先週の2歳G1レースでの1,2着の母馬、シーザリオ(オークス、米国オークス)とエアスピネル(秋華賞)が争った2005年オークスで6着だったのが、サナシオンの母ジェダイト(忘れな草賞)だったりします。

迎え撃つ現王者

そして、もう1頭はアップトゥデイト(栗東・佐々木)ですね。今年春の中山グランドジャンプ(J・G1)では、後続に1.7秒差をつけてレコード勝ちの大圧勝したのは記憶に新しいところ。

前走の小倉サマージャンプ(J・G3)もしっかりと勝ちきっており、やはり現役最強ジャンプホースはこの馬で間違いないでしょう。ただ今回は、4ヶ月半の間隔が不安材料になりそうなのですが、私は杞憂に終わると考えています。

最後に

もちろん、J・G1競争2勝馬アボロマーベリック(美浦・堀井)の復活への期待や、着実に力を付けているダンツミュータント(栗東・本田)、マキオポーラー(栗東・五十嵐)も侮れないと思います。

ですが、逃げるサナシオンと西谷騎手を、アップテゥデイトと林騎手が2番手で虎視眈々。最初から最後まで、この2頭でマッチアップを繰り広げるような、そんなレースを私は見たい!