2016年 3月26日(土) 3回中山1日目 9頭 15:45発走 晴
11R 第64回日経賞
4歳以上・オープン・G2(別定)(国際)(指定) 芝2500m (A) 良

馬名 騎手 タイム・差 通過順 上3F・順 単人気
1 9 ゴールドアクター 牡5 吉田隼 2.36.8 2 2 2 33.8 1 3.3 2
2   4 サウンズオブアース 牡5 福永祐  3/4 2 2 2 33.9 2 2.4 1
3   2 マリアライト 牝5 蛯名正 1 1/4 4 4 5 33.9 2 6.6 4
4 7 アルバート 牡5 ルメール 1 1/4 4 4 5 34.0 4 4.0 3
5 3 ディサイファ 牡7 武幸四 クビ 1 1 1 34.4 7 9.0 5
6   5 アクションスター 牡6 大野拓  3/4 4 7 8 34.0 4 206.5 9
7   8 ホッコーブレーヴ 牡8 田辺裕 1 1/4 7 4 4 34.3 6 52.3 6
8   6 コスモロビン 牡8 柴田大 2 1/2 7 7 7 34.5 8 196.3 8
9   1 フラガラッハ 牡9 高倉稜 7 7 8 34.6 9 113.7 7

 

日経賞をみて

これがグランプリホースの貫禄か!

昨年の有馬記念(G1)2着馬サウンズオブアースが斤量面での有利さを見込まれてなのか、最終的には1番人気に支持されていた模様。

そのサウンズオブアースが「有馬記念の雪辱をここで果たしましたぁ~」という仮想実況、ドラマを期待した方の期待には応えられず、

終わってみればグランプリ有馬記念勝ち馬、吉田隼騎手&ゴールドアクターの完勝。

吉田隼人騎手は東京新聞杯のスマートレイアーでも勝っており、今年2勝目の重賞勝ちー。

日経賞を予想する上で最大の難問「どの馬が逃げるのか」という事だったが、正解は武幸四郎騎手のディサイファだったかぁ。

人気馬2頭がゲートを出てから好ダッシュを決め、一瞬、昔の有馬記念のトウショウボーイテンポイント張りの逃げ争いを繰り広げる光景が浮かんだが、

コーシロー騎手が進んで仲人を引き受けて頂き、とりあえず前哨戦としては安泰。

道中は後方で色々動きがあったような気がしたけれど、結局は吉田隼ゴールドアクターと福永サウンズオブアースのイチャコラマッチアップレースだった感がかなり強かったかなー。

その他の馬を見てみると、まず3着だったマリアライト

好位の後ろの内を、静かに影の様に回ってきただけの省エネレースに徹していたように見え、忍びの競馬というかクノイチを連想。

道中では抜群の手応えを見せていた3番人気アルフレードは、外から被せて来たホッコーブレーブに煽られたのか、何故か萎縮してしまい手応えが怪しくなってた。

直線では底力を見せていたけれど、やっぱり後方待機が理想なんだろうか。

 

予想結果

本命だったルメール騎手騎乗のアルフレードは結果4着でした。

ホッコーブレーブの威圧感に負けて4コーナーで大きく後手を踏んじゃっていたが、力負けではないでしょうし、次走以降でも期待したい1頭ですねー。

ゴールドアクターは流石の強さで父スクリーンヒーロー産駒の勝負強さを体現しており、モーリスの復帰も楽しみやねー。

ラブリーデイドゥラメンテ等との対戦がどこで実現するのか、それとも幻になってしまうのか、こちらもワクワクを抑えられないよー。

ディサイファは一応入着出来、締まるレースにする大役を十分に果たした。

大儀であった。