さーて、今週の中山牝馬S予想は

レース見解、種牡馬成績、騎手成績、結論、の4本でお送りいたしまーす!

2016年 3月13日(日) 2回中山6日目 16頭 15:45発走
11R 第34回ローレル競馬場賞中山牝馬S
4歳以上・オープン・G3(ハンデ)(牝)(国際)[指定] 芝1800m (A)

中山牝馬S・出馬表(16頭)
馬名 性齢 騎手 調教師 父馬
1 クインズミラーグロ 牝4 蛯名正 53 和田正 マンハッタンカフェ
2 レイヌドネージュ 牝6 石川裕 53 菊沢隆 フジキセキ
3 ウインリバティ 牝5 柴田大 53 飯田雄 ダンスインザダーク
4 アースライズ 牝4 川須栄 54 矢作芳 マンハッタンカフェ
5 リーサルウェポン 牝5 内田博 51 荒川義 ディープインパクト
6 メイショウスザンナ 牝7 大野拓 55 高橋義 アグネスデジタル
7 フレイムコード 牝7 菱田裕 53 谷潔 タヤスツヨシ
8 ノボリディアーナ 牝6 田中勝 56 松永昌 フレンチデピュティ
9 ハピネスダンサー 牝5 吉田隼 53 高野友 メイショウサムソン
10 アルマディヴァン 牝6 横山典 54 高橋文 メジロベイリー
11 リメインサイレント 牝6 津村明 53 田中章 ホワイトマズル
12 シングウィズジョイ 牝4 岩田康 55 友道康 マンハッタンカフェ
13 ヴィルジニア 牝6 鮫島克 50 池添学 Galileo
14 キャットコイン 牝4 柴山雄 54 二ノ宮 ステイゴールド
15 ルージュバック 牝4 戸崎圭 56 大竹正 マンハッタンカフェ
16 シュンドルボン 牝5 吉田豊 54 矢野英 ハーツクライ

 

中山牝馬S・レース予想

レース見解

出走馬の近走を見てみると先手をとりそうなのが、前走のエリザベス女王杯(G1・芝2200)で逃げた柴田大騎手のウインリバティか、

前走の京都牝馬S(G3・芝1400)で先行した菱田騎手のフレイムコードのどちらか、かな。

過去の傾向を調べてはみたものの、とりわけ特筆すべき要素は無く、掴み所のないフワフワした直感重視の予想をするしかないのかー。

まぁ、一つだけ言える事は「人気を信用しない」ってのが注目点なのかも。

過去10年中山牝馬s・勝ち時計一覧
馬名 時計・状 通過順 上3F・順 上位決め手
バウンスシャッセ 15 中山 54 1.47.5 11 10 8 35.0 2
フーラブライド 14 中山 53 1.48.5 10 10 7 35.1 3
マイネイサベル 13 中山 56 1.48.5 11 11 7 34.3 1
レディアルバローザ 12 中山 54 1.50.6 1 1 1 36.3 5
レディアルバローザ 11 阪神 53 1.45.4   10 10 34.4 2
ニシノブルームーン 10 中山 53 1.47.6 7 6 5 34.7 4
キストゥヘヴン 9 中山 56.5 1.49.1 5 5 4 35.7 4
ヤマニンメルベイユ 8 中山 53 1.48.4 2 2 2 35.7 9
マイネサマンサ 7 中山 56 1.50.2 11 13 12 36.3 2
ヤマニンシュクル 6 中山 56 1.47.8 12 11 9 34.5 2

 

中山芝1800・種牡馬成績

とりあえずここもディープインパクト産駒(リーサルウェポン)がやっぱり候補になるのかな。

ハーツクライ産駒(シュンドルボン)とフジキセキ産駒(レイヌドネージュ)は無難な数値を示してはいるが、人気になり難いメイショウサムソン産駒(ハピネスダンサー)がお買い得。

アグネスデジタル産駒(メイショウスザンナ)は勝ちきれない。

中山芝1800・種牡馬データ(2011.6.18~2016.3.6)
種牡馬 1着 2着 3着 総数 1人率 勝率 複勝率 単平均 複平均
ディープインパクト 21 18 9 156 17.9% 13.5% 30.8% 350 186
ハーツクライ 9 7 9 99 13.1% 9.1% 25.3% 366 209
ステイゴールド 6 10 5 91 8.8% 6.6% 23.1% 542 258
マンハッタンカフェ 5 9 6 68 8.8% 7.4% 29.4% 1002 418
メイショウサムソン 4 3 7 41 4.9% 9.8% 34.1% 508 384
フジキセキ 3 5 1 29 10.3% 10.3% 31.0% 1183 279
ダンスインザダーク 1 3 5 31 9.7% 3.2% 29.0% 1980 440
アグネスデジタル 1 3 1 16 18.8% 6.3% 31.3% 450 170
ホワイトマズル 1 2 3 15 6.7% 6.7% 40.0% 660 397
メジロベイリー 1 0 0 8 0.0% 12.5% 12.5% 530 210
フレンチデピュティ 0 0 0 12 0.0% 0.0% 0.0%    
タヤスツヨシ 0 0 0 2 0.0% 0.0% 0.0%    

 

中山芝1800特別戦・騎手成績

中山芝千八のこの舞台では人気も成績も戸崎騎手(ルージュバック)独壇場の様相。

それに続くのが蛯名騎手(クインズミラーグロ)、横山典騎手(アルマディヴァイン)、そして柴山騎手(キャットコイン)あたり。

人気薄でも勝ち負け圏内に食い込んで来る吉田豊騎手(シュンドルボン)も侮れない。

内田騎手(リーサルウェポン)、田中勝騎手(ノボリディアーナ)は軽視の方向で。

中山芝1800特別戦・騎手データ(2011.6.19~2016.3.5)
騎手 1着 2着 3着 総数 1人率 勝率 複勝率 単平均 複平均
戸崎圭太 10 6 1 35 31.4% 28.6% 48.6% 550 226
蛯名正義 6 8 2 44 15.9% 13.6% 36.4% 350 171
横山典弘 5 0 7 41 7.3% 12.2% 29.3% 652 208
吉田豊 3 1 3 36 2.8% 8.3% 19.4% 2077 422
柴山雄一 2 1 0 17 11.8% 11.8% 17.6% 250 157
内田博幸 1 3 7 43 14.0% 2.3% 25.6% 230 246
田中勝春 1 3 3 41 12.2% 2.4% 17.1% 360 137
岩田康誠 1 3 2 11 9.1% 9.1% 54.5% 470 218
石川裕紀 1 0 2 9 0.0% 11.1% 33.3% 2640 447
柴田大知 0 2 3 45 2.2% 0.0% 11.1%   356
大野拓弥 0 1 1 29 3.4% 0.0% 6.9%   190
津村明秀 0 1 0 12 0.0% 0.0% 8.3%   1580
吉田隼人 0 1 0 5 0.0% 0.0% 20.0%   170
菱田裕二 0 0 0 2 0.0% 0.0% 0.0%    
川須栄彦 0 0 0 1 0.0% 0.0% 0.0%    

 

結論

本命◎は吉田隼騎手騎乗のハピネスダンサーに決定ー。

前走の小倉大賞典では、マイネルフロストが勝負所で外から無理やりマクって来た時に、外からの圧力を受けて仕掛所で追えず動けずの5着。

今走は、牝馬限定戦で斤量53キロならチャンスは十分、期待したい。

単穴▲は吉田豊騎手のシュンドルボン、連下△は戸崎騎手騎乗のルージュバックの前走G1レース出走組に底力を見せてもらいましょう。

単勝ハピネスダンサーシュンドルボンルージュバック相手のワイドで勝負!