2016年 3月 6日(日) 2回中山4日目 12頭 15:45発走 曇
11R 第53回報知杯弥生賞
3歳・オープン・G2(馬齢)(国際)(指定) 芝2000m (A) 良

馬名 騎手 タイム・差 通過順 3F・順 単人気
1 11 マカヒキ 牡3 ルメール 1.59.9 9 9 8 33.6 1 2.6 2
2 10 リオンディーズ 牡3 M.デム クビ 4 4 2 34.4 2 1.9 1
3 4 エアスピネル 牡3 武豊 2 5 5 4 34.4 2 4.2 3
4   3 タイセイサミット 牡3 内田博 5 6 5 6 35.2 6 20.8 4
5   1 アドマイヤエイカン 牡3 岩田康 3/4 8 8 9 35.0 5 39.1 5
6   12 エディクト 牡3 大野拓 1 1/4 12 11 10 34.7 4 415.6 12
7   8 イマジンザット 牡3 戸崎圭 1 1/4 7 7 6 35.5 7 58.1 6
8   9 モーゼス 牡3 蛯名正 3 3 2 2 37.1 9 131.4 7
9   6 モウカッテル 牡3 三浦皇 9 10 11 35.5 7 321.6 11
10   2 シャララ 牝3 江田照 3 1/2 2 3 4 37.5 10 189.0 8
11   7 ケンホファヴァルト 牡3 小崎綾 クビ 1 1 1 38.0 11 282.6 10
12   5 ヴィガーエッジ 牡3 横山典 大差 11 11 12 39.0 12 198.8 9

 

弥生賞をみて

ドキドキ、ワクワク、ソワソワの今年の弥生賞。

勝ったのは、早めに抜け出した2歳王者を外から計ったようにクビ差先着した、2番人気マカヒキとクリストフ・ルメール騎手でしたー。

ゲートを出てからすぐに最後方に下げたのは、最初から決めていたのかは分からないけれど、それだけ自信があったんやろか。

逆に1番人気リオンディーズは前走の出遅れ気味なスタートとは違い、スムーズにゲートを出て前々の好位でレースを進める事が出来てたね。

リオンディーズの走りを見て勝手に吹き替えしてみると、「あまりにもペースを遅くすると分かってんだろうなー?お前ら!」ってな感じに、ジャイアンオーラを出しているように映り、

レースを引っ張ったケンホファヴァルトを初め、それに続くシャララモーゼスらが、その威圧感から必死に逃れようとしている姿を見たとき、背筋がゾクゾクーって、ゾクゾクーって。

勝負所からリオンディーズが動き出したのを確認して、3番人気エアスピネルと武豊騎手も同時に仕掛けたのですが、直線に入っても全く差は詰まらずに脚色も変わらず。

前半、無駄な力を一切使わず脚を温存し、前を行く有力馬2頭の駆け引き知らずで、漁夫の利を得たマカヒキリオンディーズをクビ差交わして最初にゴール板を駆け抜けた。

でも、一番強い競馬をしたのは、やっぱり強かったリオンディーズでしょう。

自らペースを上げて他馬を捻じ伏せようとした結果のクビ差2着で、前哨戦としてはほぼパーフェクトだったし悲観する事は全くないね。

でも、ハッキリ言ってルメール騎手はちょっと勝ち過ぎじゃね?

 

予想結果

本命◎のエアスピネルは3着でした。

んー、あのレースを見て、上位2頭との勝負付けは完全に済んだ、と思っている人も多いと思うけれど、自分的にはそうは思わないし思いたくもない。

3、4コーナーでのリオンディーズとの差、約2、3馬身差が直線で更に突き放された訳ではなく、同じ上がりで同じ脚色。

初距離の芝二千でもあり、この舞台を何度も経験しているユタカ騎手ならではの、本番に向けた脚を計る試走的な思惑が強めにあったように思う。

 

サトノダイヤモンドリオンディーズ、そして今回マカヒキを間近で見る事が出来た、感じた武豊騎手は本番皐月賞でエアスピネルを、どの様にエスコートするのか、今から楽しみだぁ!