2016年 2月27日(土) 1回阪神1日目 15頭 15:35発走 曇
11R 第25回アーリントンカップ
3歳・オープン・G3(別定)(国際)(特指) 芝1600m・外 (A) 良

馬名 騎手 タイム・差 通過順 3F・順 単人気
1   6 レインボーライン 牡3 M.デム 1.34.1   9 5 34.6 4 6.8 4
2   12 ダンツプリウス 牡3 丸山元 ハナ   8 5 34.6 4 20.4 9
3   15 ロワアブソリュー 牡3 ヴェロン ハナ   12 12 34.1 1 13.4 7
4   9 レオナルド 牡3 川田将 クビ   2 2 34.8 9 7.0 5
5   10 アーバンキッド 牡3 ベリー   6 5 34.6 4 4.5 1
6 11 ヒルノマゼラン 牡3 古川吉 クビ   4 3 34.8 9 6.2 3
7   13 ビップライブリー 牡3 小牧太 1/2   9 10 34.6 4 27.6 10
8   5 ボールライトニング 牡3 福永祐 クビ   9 10 34.6 4 4.9 2
9   3 ウェーブヒーロー 牡3 和田竜 1/2   6 8 34.8 9 233.8 14
10   14 オデュッセウス 牡3 武豊 クビ   14 14 34.3 2 15.3 8
11   1 マディディ 牡3 フォーリ クビ   13 12 34.5 3 42.3 12
12 7 シゲルノコギリザメ 牡3 太宰啓 1 1/4   1 1 35.6 13 12.6 6
13   4 メイショウカネサダ 牡3 酒井学 2 1/2   4 8 35.5 12 45.9 13
14   2 パールフューチャー 牡3 ルメール 1 3/4   2 3 36.0 14 35.3 11
  8 ロードブレイド 牡3 池添謙 除外              

 

アーリントンCを見て

先週に続き、今週もミルコ・デムーロ騎手が重賞を制覇、しかも二勝!

アーリントンCは、ミルコ・デムーロ騎手鞍上の4番人気レインボーラインが、ゴール前でのダンツプリウスロワアブソリューと、クビの上げ下げ3頭接戦をハナ差制して、またまた重賞勝ち。

京都記念のサトノクラウンから始まり、京都牝馬Sのクイーンズリング、フェブラリーSのモーニン、アーリントンCのレインボーライン、そしてこの翌日の中山記念でのドゥラメンテと、

騎乗機会連続重賞勝ちを5連勝とし、その勢いは留まる事を知らない絶好調ぶりを発揮。

これが、いわゆる「ゾーン」状態・体験って言うヤツなのでしょうか?

 

ゾーンとは

スポーツ選手がよく体験するのを良く聞きますが、

つまり、何をやっても上手くいってしまう、負ける気が全くしない、ボールが止まってみえる、相手の思考が何故か読み取れ、手札も透けて見えちゃう、のような、

第三者から見ると、ある意味、チート(いかさま、不正行為)チックに見えちゃう状態の事。

個人的な馬券予想での体験としては、だいたい競馬に負け続けて追い詰められた最終レースに発動する事が多い感じですかねー。

このレースを外すと、後がないー、帰れなくなるー、飯が食えなくなるー、というあぶら汗たらたらの精神状態になった時、出馬表を冷静に読み取り無我の境地で予想すると、

頭の中に、ゴールの決勝線の映像が見えてくる、みたいなのが、昔は良くありましたが、最近ではさっぱり。

高配当を追いかけるレジャー競馬も楽しいけれど、馬券を外したら〇〇をやめる!と自分に戒めを、あえて与える競馬もスリルがあって楽しくなる事うけあい。

 

予想結果

対抗印、太宰騎手のシゲルノコギリザメが、すんなり逃げる事は出来たのですが、川田騎手のレオナルドが予想以上にプレッシャーを掛けて来て、マイペースでは逃げられなかった感じ。

もちろん、その影響は本命印のヒルノマゼランにも及んでしまったわけで、直線抜け出したレオナルドアーバンキッドと共に捕らえようとしていた所、

最後の最後で、直線外から追い込んできた3頭に飲み込まれてしまい結果は6着。

まぁ、でも実力があるのは確認出来たので次走以降に期待しましょう。