2016年 2月28日(日) 1回阪神2日目 18頭 15:35発走 晴
11R 第60回阪急杯
4歳以上・オープン・G3(別定)(国際)(指定) 芝1400m・内 (A) 良

馬名 騎手 タイム・差 通過順 3F・順 単人気
1   13 ミッキーアイル 牡5 松山弘 1.19.9   1 1 34.7 12 3.8 1
2   11 オメガヴェンデッタ セ5 武豊 3/4   6 5 34.3 7 6.8 4
3 3 ブラヴィッシモ 牡4 川田将 クビ   3 3 34.4 8 9.1 5
4 5 ミッキーラブソング 牡5 小牧太 ハナ   8 7 34.2 5 5.2 3
4   7 サドンストーム 牡7 武幸四 同着   10 11 34.0 3 102.2 13
6   9 レッツゴードンキ 牝4 岩田康 1/2   2 2 34.7 12 4.7 2
7   10 ダノンシャーク 牡8 ヴェロン 1/2   15 14 33.9 1 17.5 7
8   4 ヒルノデイバロー 牡5 四位洋 クビ   13 14 34.1 4 12.5 6
9   14 ゼロス 牡7 岩崎翼 クビ   10 11 34.2 5 254.3 17
10   17 タガノブルグ 牡5 秋山真 1 3/4   18 18 33.9 1 111.6 14
11   18 ケントオー 牡4 和田竜 クビ   13 11 34.5 9 18.5 8
12   8 マイネルアウラート 牡5 丸山元 1 1/2   5 5 35.1 14 25.9 9
13   6 ティーハーフ 牡6 池添謙 クビ   17 14 34.5 9 31.0 10
14   1 ダイワマッジョーレ 牡7 高倉稜 クビ   15 17 34.5 9 42.4 11
15   2 ルルーシュ 牡8 杉原誠 クビ   6 7 35.2 15 163.9 16
16   15 エールブリーズ 牡6 藤岡康 2 1/2   10 9 35.5 16 161.8 15
17   12 サカジロロイヤル 牡8 国分優 1 1/4   3 3 36.1 18 375.3 18
18   16 マイネルエテルネル 牡6 フォーリ 1/2   9 9 35.8 17 99.2 12

 

阪急杯をみて

ミッキーアイルが逃げた逃げた逃げたー!

今年の阪急杯は、久しぶりに逃げの手に出た単勝3.8倍の1番人気ミッキーアイルが気持ちの良い逃げ切りで後続の追い上げを封じ込め2014年スワンS(京都・G2)以来の重賞制覇。

鞍上の松山騎手は2013年シルクロードS(京都・G3)をドリームバレンチノ以来の重賞勝ち。

一昨年のマイルチャンピオンC(京都・G1)から、積極的に逃げる事を許されなくなったような騎乗をこれまで見てきたのだが、何か陣営に心境の変化でもあったのかなー。

このメンバーであれば、スピード性能は頭一つ抜けているのは間違いないわけで、多くの競馬ファンが思っていた「逃げれば楽勝」を、ようやく実践、実証してくれてひと安心。

2着争いでは、外からサドンストームが突っ込んで来たのを見た時、「コーシロー!差しきれー!」と心の中で叫んでしまいましたが、同馬はミッキーラブソングと並んでの同着。

結局、2着はオメガヴェンデッタが3着馬ブラヴィッシモをクビ差かわして確保した。

 

予想結果

本命◎のブラヴィッシモは、ミッキーアイルレッツゴードンキに続く3番手のインを追走し続け、最後の直線もしぶとく伸びて3着確保。

対抗のミッキーラブソングは中団からの競馬で、最後の直線を必死に追っていた小牧騎手だったが、結果4着まで。

本命3着、対抗4着と、馬券の外し方としては一番悔しい結果となってしまった。