今週末の阪神競馬場で開催される第60回阪急杯(G3)の傾向と注目馬を見ていきましょう!

このレースへの出走登録馬は20頭ですが、フルゲートは18頭。

阪急杯・出走登録馬(20頭)
馬名 父馬 馬名 父馬
1 エールブリーズ フジキセキ 11 ティーハーフ ストーミングホーム
2 オメガヴェンデッタ ゼンノロブロイ 12 ニシノビークイック デュランダル
3 カオスモス マイネルラヴ 13 ヒルノデイバロー マンハッタンカフェ
4 ケントオー ダンスインザダーク 14 ブラヴィッシモ Fastnet Rock
5 サカジロロイヤル バゴ 15 マイネルアウラート ステイゴールド
6 サドンストーム ストーミングホーム 16 マイネルエテルネル Tamayuz
7 ゼロス キングカメハメハ 17 ミッキーアイル ディープインパクト
8 タガノブルグ ヨハネスブルグ 18 ミッキーラブソング キングカメハメハ
9 ダイワマッジョーレ ダイワメジャー 19 ルルーシュ ゼンノロブロイ
10 ダノンシャーク ディープインパクト 20 レッツゴードンキ キングカメハメハ

 

阪急杯・枠順確定前見解

2007年は1着が同着だった為、過去10年のレースですが勝ち馬は11頭いるようです。

さて、過去の同重賞を調べてみると、前日のアーリントンCと傾向は似ていて勝ち馬や好走馬も結構被っているけれど、やっぱり適性が似通っている所為なんでしょうかね。

するってーと、過去のアーリントンC出走組の人気馬、好走馬を買えば簡単に勝ち馬を導き出せるのか?って事で、まず同重賞出走馬を挙げておこか。

ミッキーアイルタガノブルグカオスモスダイワマッジョーレ

昔の勝ち馬は前走、どのレース走ってたんやろか?

まず、阪神カップ出走組が4勝、東京新聞杯組が2勝、シルクロードS組が2勝、以下、京成杯組、小倉大賞典組、香港スプリント組が1勝と続く。

複数の勝ち馬を出しているレースを今年の出走馬に当てはめてみると対象馬は、

ダノンシャークダガノブルグマイネルアウラートルルーシュヒルノデイバロー

この5頭の中に今年の勝ち馬がいるといいなー。

過去10年間・勝ち馬一覧
勝ち馬 騎手 単人気 1番人気馬
15 阪神 ダイワマッジョーレ 牡6 M.デム 6.6 2 コパノリチャード
14 阪神 コパノリチャード 牡4 浜中俊 4.8 2 ダノンシャーク
13 阪神 ロードカナロア 牡5 岩田康 1.6 1
12 阪神 マジンプロスパー 牡5 浜中俊 10.2 4 サンカルロ
11 阪神 サンカルロ 牡5 吉田豊 8.4 4 ガルボ
10 阪神 エーシンフォワード 牡5 岩田康 4.4 2 ビービーガルダン
09 阪神 ビービーガルダン 牡5 安藤勝 11.1 7 ファリダット
08 阪神 ローレルゲレイロ 牡4 四位洋 4.6 3 スズカフェニックス
07 阪神 プリサイスマシーン 牡8 安藤勝 5.0 3 キンシャサノキセキ
阪神 エイシンドーバー 牡5 幸英明 9.6 4
06 阪神 ブルーショットガン 牡7 松永幹 38.0 11 オレハマッテルゼ

 

注目馬・ダノンシャーク

1頭目の注目馬は栗東・大久保龍厩舎の8歳馬ダノンシャーク、ディープインパクト産駒。

前走の阪神カップでは、直線半ばで前方の進路が完全に無くなり、テイエムタイホーの急失速を避けるのに精一杯だったレースで、15着は全くの参考外と言って良いかと考える。

ここ2戦は二桁着順が続き、年齢もあってか人気にはなり難いと思われますが、まだまだこのメンバーだと底力は最上位。

戦績 レース名 騎手 距離 タイム 通過順 3F・順 単人気
前走 阪神カッG2 ルメール 芝14 15 1227 1.3   11 12 35.4 13 10.1 4
二前 マイルチG1 岩田康 芝16 10 1335 0.7   16 15 33.1 2 17.1 7
三前 毎日王冠G2 岩田康 芝18 1459 0.3 5 7 7 33.6 5 34.8 10
四前 安田記念G1 岩田康 芝16 10 1327 0.7   10 13 34.2 4 8.2 5
五前 阪急杯G3 福永祐 芝14 1244 0.6   10 11 36.7 6 7.5 3

 

注目馬・オメガヴェンデッタ

2頭目の注目馬は栗東・安田隆厩舎のオメガヴェンデッタ、ゼンノロブロイ産駒。

前走の京都金杯では、距離延長を念頭に置き過ぎ、折り合いに専念し過ぎの後方待機策での競馬で不完全燃焼に見られた。

ただ、勝負所で使える脚が非常に短く、鞍上も仕掛けどころが難しい印象を受けるので、直線の短い阪神芝1400の内回りコースでなら力を発揮出来そう。

戦績 レース名 騎手 距離 タイム 通過順 3F・順 単人気
前走 京都金杯HG3 岩田康 芝16 12 1338 0.8   11 11 33.9 5 6.1
二前 スワンSG2 岩田康 芝14 1205 0.3   12 12 33.5 4 9.2
三前 キーンラG3 横山典 芝12 1088 0.2   4 4 34.6 8 5.9
四前 函館日刊1600 横山典 芝12 1100 -0.1   3 4 35.1 6 2.6
五前 京王杯スG2 横山典 芝14 1217 0.1   1 2 33.8 12 18.6

 

まとめ

1番人気馬は、たぶん香港帰りのミッキーアイルでしょうね。

ハナを切る競馬をすれば、あっさりと勝ちそうなもんなんだけど、今回はどうするんだろ。

そういえば、橋口厩舎の最後の重賞出走って事でミッキーラブソングが有終の美を飾って大団円ってのも良いねー。

先週は、松田博厩舎のアルバートドック&川田騎手の魂込めた決死の騎乗を見せてもらったし、今週もそんなドラマがあるのかないのか。。。