今週末の中山競馬場で開催される第90回中山記念(G2)の傾向と注目馬を見ていきましょう!

このレースへの出走登録馬は14頭でフルゲートは16頭です。

中山記念・出走登録馬(14頭)
馬名 父馬 馬名 父馬
1 アンビシャス ディープインパクト 8 ベルラップ ハーツクライ
2 イスラボニータ フジキセキ 9 マイネルラクリマ チーフベアハート
3 カオスモス マイネルラヴ 10 ラストインパクト ディープインパクト
4 サトノギャラント シンボリクリスエス 11 リアルスティール ディープインパクト
5 ステラウインド ゼンノロブロイ 12 ルルーシュ ゼンノロブロイ
6 ドゥラメンテ キングカメハメハ 13 レッドレイヴン Smart Strike
7 フルーキー Redoute’s Choice 14 ロゴタイプ ローエングリン

 

中山記念・枠順確定前見解

婆さんやー、昨年のクラシック戦線を盛り上げたあの馬が、ドゥラメンテリアルスティールっつう名前がーあるだでよー。

春の中山、阪神開催が始まると何故だか分からないけれど、ウキウキ気分を感じてしまうのは毎年恒例ですねー。

今年は三世代の皐月賞馬ロゴタイプイスラボニータドゥラメンテと総出演ってのも結構珍しい事かもしれない。

他にはラストインパクトが角居厩舎に転厩してから初めての実戦となりますし、どういうレースをするかも楽しみ。

過去10年レースから脚質傾向を見てみると、逃げ馬は2勝、先行馬は5勝、差し馬が3勝となっており、中山競馬の開幕馬場という事で、やはり逃げ先行馬の優勢という傾向が見て取れる。

斤量で考えると、勝ち馬のほとんどが別定戦斤量57キロ以上のG1実績馬、それを鑑みると今年の出走登録馬の中で狙えそうな馬は限られるか?

過去10年間・勝ち馬一覧
勝ち馬 騎手 単人気 1番人気馬
15 中山 ヌーヴォレコルト 牝4 岩田康 4.7 3 イスラボニータ
14 中山 ジャスタウェイ 牡5 横山典 5.3 2 トウケイヘイロー
13 中山 ナカヤマナイト 牡5 柴田善 4.5 2 タッチミーノット
12 中山 フェデラリスト 牡5 蛯名正 6.4 3 トゥザグローリー
11 中山 ヴィクトワールピサ 牡4 M.デム 1.4 1
10 中山 トーセンクラウン 牡6 江田照 36.4 13 キングストリート
09 中山 カンパニー 牡8 横山典 3.6 1
08 中山 カンパニー 牡7 横山典 5.2 2 エアシェイディ
07 中山 ローエングリン 牡8 後藤浩 17.0 6 シャドウゲイト
06 中山 バランスオブゲーム 牡7 田中勝 15.4 6 ダイワメジャー

 

注目馬・ロゴタイプ

1頭目は美浦・田中剛厩舎の6歳馬ロゴタイプ、ローエングリン産駒。

一昨年の中山記念では3着、昨年の同レースでは2着、三度目の正直という事では無いのですが、今年こそは!という気持ちは、かなり強いのではないだろうか。

2007年中山記念をローエングリンで逃げ切り勝ちを果たした今は亡き後藤騎手、その仔ロゴタイプで逃げ切って勝利を勝ち取るというドラマな競馬も個人的には見たい。

戦績 レース名 騎手 距離 タイム 通過順 3F・順 単人気
前走 マイルチG1 浜中俊 芝16 1334 0.6   6 6 34.0 13 24.0 8
二前 富士SG3 M.デム 芝16 1329 0.2   2 2 33.8 7 9.5 3
三前 オールカG2 M.デム 芝22 2124 0.5 3 3 3 35.0 5 4.1 2
四前 産経大阪G2 福永祐 芝20 2040 1.1 3 3 3 38.0 8 9.7 3
五前 中山記念G2 C.デム 芝18 1503 0.0 2 2 1 35.8 3 3.4 2

 

注目馬・イスラボニータ

2頭目は美浦・栗田厩舎の5歳馬イスラボニータ、フジキセキ産駒。

前走のマイルチャンピオンC(G1)では1番人気に支持されるものの、ゲート後、バランスを崩し最後方からの競馬、しかし最後の直線ではインコースをジワジワ伸びてラスト3Fは上がり最速の33.0秒。

芝1800は3勝を挙げている得意な距離でもありますし、すんなり先行する事が出来れば、あっさり勝ってしまう雰囲気を感じさせます。

戦績 レース名 騎手 距離 タイム 通過順 3F・順 単人気
前走 マイルチG1 蛯名正 芝16 1330 0.2   12 13 33.0 1 3.2
二前 天皇賞秋G1 蛯名正 芝20 1586 0.2 12 11 10 33.6 4 11.7
三前 毎日王冠G2 蛯名正 芝18 1458 0.2 4 5 5 33.7 8 9.2
四前 中山記念G2 蛯名正 芝18 1507 0.4 3 3 2 36.0 6 2.1
五前 JCG1 蛯名正 芝24 2244 1.3 8 8 5 35.9 10 9.5

 

まとめ

1番人気はもちろんターフに戻ってきた二冠馬ドゥラメンテでしょう。

今年の大目標はフランス凱旋門賞ということなので、故障明けとはいえ、ある程度の高いレベルでの調整はこなして来ているハズ。

しかし、馬券を買う方からすると、どんなに強い馬だと分かっていてもウィークポイントがあるのであれば、その人気馬を中心にするのは避けるべきでしょう。

頑張れロゴタイプ!勝っちゃいなよイスラボニータ