武豊騎手はG1完全制覇を決めるか?

2歳王者を決める朝日杯フューチャリティーSが明日発走。

今年の見所は、もちろん武豊騎手が中央競馬JRAのG1レース22冠の完全制覇成るか否かだ。

前日の単勝オッズは1.7倍だが、連勝式、3連勝式馬券の売れ行きを見ると、当日は1.5倍前後になると予想される。

近年で1倍台の1番人気馬を見てみると、2012年のコディーノ(鞍上・横山典)1.3倍、2010年のサダムパッテク(鞍上・C.スミヨン)1.8倍と共に勝ちきれてはいない。

1着を争うであろうライバル

まずは、2番人気リオンディーズ(鞍上・M.デムーロ)は、あのシーザリオの仔でエアスピネルの母エアメサイヤの同期でもある。

現役時代、着順的にはシーザリオの2戦2勝、その息子が武豊の完全制覇を阻む筆頭か。

3番人気のシュウジ(鞍上・岩田)は前走、エアスピネルに3馬身半差の完敗。

だが、自ら作ったペースが少し遅すぎた感があり、決め手勝負にならない流れを作れば勝機はある。

4番人気のポールライトニング(鞍上・蛯名)は2歳リーディングのダイワメジャー産駒で先週のメジャーエンブレムに続くかどうか。

5番人気イモータル(鞍上・武幸四郎)が兄の大記録を阻止するか。

母同士のライバル対決を始めとして、前走のリターンマッチ、同期の騎手対決、兄弟騎手対決と、さまざまな鞍上含めた因縁対決で舞台は整った。

明日が、とても楽しみです。