エリザベス女王杯の前哨戦?

今週の10月15日の土曜日には、エリザベス女王杯への前哨戦、第64回府中牝馬ステークス(G2)が東京競馬場にて開催されます。

エリザベス女王杯に向けての重要なステップレースという名目で、2011年よりグレードⅢからグレードⅡに格上げされたものの、本番への重要度はそれほど高くないように思われます。

実際にデータを確認してみますと、ここ10年間で同重賞レースに出走した後、本番、エリザベス女王杯へ出走したのは計65頭。結果としては2012年レインボーダリアが優勝したのみで、2着も2009年カワカミプリンセスのみ。

勝率1.5%、連対率3.1%、3着内率は10.8%と、とても重要な前哨戦と言えるような重賞とはなっていないのが現状のようです。

それでは今年の出走予定・登録メンバーの血統をご覧下さい。

府中牝馬S(G2)・東京芝千八
賞金 馬名 父系 母父系 父名 母父名 馬名
11525 6 スマートレイアー ◆サンデーサイレンス系 ◆リファール系 ディープインパクト ホワイトマズル スマートレイアー
9500 6 メイショウマンボ ◆サンデーサイレンス系 ◆ロベルト系 スズカマンボ グラスワンダー メイショウマンボ
5900 6 カフェブリリアント ◆ロベルト系 ◇他ノーザンダンサー系 ブライアンズタイム Caerleon カフェブリリアント
4950 5 マジックタイム ◆サンデーサイレンス系 ◆ロベルト系 ハーツクライ ブライアンズタイム マジックタイム
4250 5 シュンドルボン ◆サンデーサイレンス系 ◆キングマンボ系 ハーツクライ エルコンドルパサー シュンドルボン
4050 7 メイショウスザンナ ◇他ミス・プロ系 ◇祖サンデーサイレンス アグネスデジタル サンデーサイレンス メイショウスザンナ
3500 4 クイーンズリング ◆サンデーサイレンス系 ◆ダンジグ系 マンハッタンカフェ Anabaa クイーンズリング
2575 4 シングウィズジョイ ◆サンデーサイレンス系 ◆ロベルト系 マンハッタンカフェ シンボリクリスエス シングウィズジョイ
2450 6 カレンケカリーナ ◆サンデーサイレンス系 ◇他ミス・プロ系 ハーツクライ Unbridled’s Song カレンケカリーナ
2275 4 シャルール ◆サンデーサイレンス系 ◆グレイソヴリン系 ゼンノロブロイ Kaldoun シャルール
2250 5 リーサルウェポン ◆サンデーサイレンス系 ◆シアトルスルー系 ディープインパクト Gold Legend リーサルウェポン
2250 5 ハピネスダンサー ◆サドラーズウェルズ系 ◆デピュティミニスター系 メイショウサムソン クロフネ ハピネスダンサー
2250 4 アスカビレン ◆サンデーサイレンス系 ◆フォーティナイナー系 ブラックタイド スウェプトオーヴァーボード アスカビレン

 

2年連続2着のスマートレイアー、昨年の3着馬カフェブリリアントカレンケカリーナメイショウマンボは、昨年に続き出走登録のある馬です。

父馬(種牡馬)系統のデータ分析

父系

府中牝馬Sが行われる東京芝千八コースの傾向を、ざっくりな血統傾向を推測してみたいと思いますが、基礎データは単勝オッズ20倍未満の上位人気馬のみを対象にしています。

東京芝千八・単勝20倍未満対象
父系 総数 1着数 勝率 単適回 複勝率 複回値 平オッズ 平人気 父系
◆サンデーサイレンス系 1632 254 15.6% 84 41.7% 87 8.4 3.7人気 ◆サンデーサイレンス系
◆ロベルト系 373 50 13.4% 73 44.8% 91 8.5 3.6人気 ◆ロベルト系
◇他ミス・プロ系 122 17 13.9% 87 33.6% 67 9.7 4.0人気 ◇他ミス・プロ系
◆サドラーズウェルズ系 110 17 15.5% 99 41.8% 98 9.5 4.2人気 ◆サドラーズウェルズ系

 

当然の事ながらと言いますか、やはり父「サンデーサイレンス系」を中心に考えなければならなさそうです。勝率15.6%で単複回収値は80%以上安定、流石です。

該当馬 サンデーサイレンス系馬多数

一矢を報いて欲しいのが父「サドラーズウェルズ系」の産駆達。勝率15.5%の中からすっげー馬が現れるのが今か今かと待ち遠しい。回収率的には盲目的に狙っても収支はマイナスになり難い。

該当馬 ハピネスダンサー

父馬

続いて、父馬の産駆実績を確認していきましょう。

東京芝千八・単勝20倍未満対象
父名 総数 1着数 勝率 単適回 複勝率 複回値 平オッズ 平人気 父名
ディープインパクト 277 50 18.1% 73 45.8% 80 6.5 3.0人気 ディープインパクト
マンハッタンカフェ 139 27 19.4% 120 38.8% 88 9.0 3.8人気 マンハッタンカフェ
ハーツクライ 118 18 15.3% 85 47.5% 93 8.2 3.8人気 ハーツクライ
ゼンノロブロイ 99 15 15.2% 80 44.4% 102 8.1 3.4人気 ゼンノロブロイ
ブライアンズタイム 45 9 20.0% 98 51.1% 111 8.2 3.7人気 ブライアンズタイム
メイショウサムソン 33 5 15.2% 123 39.4% 116 11.4 4.9人気 メイショウサムソン
アグネスデジタル 26 3 11.5% 92 34.6% 78 10.9 4.2人気 アグネスデジタル
ブラックタイド 14 4 28.6% 229 57.1% 150 10.0 4.2人気 ブラックタイド
スズカマンボ 6 0 0.0% 0 16.7% 68 9.6 4.8人気 スズカマンボ

 

同重賞の歴代好走馬は、優勝馬テイエムオーロラ、2着馬セラフィックロンプ、3着馬フミノイマージン等がいる父「マンハッタンカフェ勝率19.4%単回収率100%超に心を惹かれます。

先週、同コース毎日王冠ルージュバックの勝利で、今週もその良い流れが連動する予感も!?

該当馬 クイーンズリング シングウィズジョイ

歴代好走馬はここ2年連続2着のスマートレイアー、連年で2着3着のドナウブルーと、勝てないものの安定の父「ディープインパクト勝率18.1%。そういえば、先週の毎日王冠も2着3着馬が確か…。

該当馬 スマートレイアー リーサルウェポン

昨年の同重賞3着馬カフェブリリアントのいる父「ブライアンズタイム」は勝率20%複勝率51.1%で単複回収値も高い値を示していますし、今年は更なる上を期待していいのかな。

該当馬 カフェブリリアント

キャラが被ってそうな父「ハーツクライ」&「ゼンノロブロイ」ですが、同コース未勝利のジャスタウェイ&同重賞2着馬アニメイトバイオ、どっちを取る?

該当馬 カレンケカリーナ シュンドルボン マジックタイム シャルール

 

>>次頁では母父系の分析です。