2016年JRAラストウィーク!

広告

まずは中山大障害

今年の中央競馬JRAも遂に最終週!

23日が祝日の天皇誕生日と言う事で、金・土・日の三日間開催となりますが、最初に行われるのは伝統の障害ジャンプG1競走・第139回中山大障害(J・G1)です。

このレースの成り立ちは日本中央競馬会はおろか、日本競馬会が設立される以前まで遡る事が出来ますが、昔は各地に「競馬倶楽部」という団体が全国各地に存在していました。

その頃、東京競馬倶楽部が1932年東京優駿大競争(現在の東京優駿)で競馬を盛り上げようとしているのを見ていた中山競馬倶楽部の方々は、

だったら俺らは障害で盛り上げるぞー!と言ったのかは、定かではありませんが1934年に「大障碍特別競走(中山大障害)」を創設。

春と秋の年2回開催でしたが、ジャンプグレード制導入を期に、春開催が中山グランドジャンプ(J・G1)が新設されて、現在に至ります。

理想と現実

今年の中山大障害の出馬表を見てみましたが、

秋競馬の始まる時期にはワクワクを隠しきれず、有馬記念よりも、むしろ中山大障害を楽しみにしていたジャンプレース競馬ファンも少なくは無かったかもしれません。

しかし、現実は厳しかった。

個人的には、サナシオンの引退とニホンピロバロンの戦線離脱が、とてもとても残念としか言えません。そういえば、昨年2着のエイコーンパスも引退してたのか。

ですが、前年の中山大障害で競走中止し、この世を去ったアポロマーべリックを思い返すと、無事に引退出来た方が良かったと言えるのかもしれません。

今年は全馬が無事、完走を果たして欲しいですねー。

広告

過去レースの傾向

まずは、過去10年間の勝ち馬をご覧ください(表はスクロールします)。

日付 性 齢 優勝馬 父馬 母父馬 騎手・年齢 場所 レース名 単・人気 距離 区分 状態 着順 着差 決着タイム 頭数 1角 2角 3角 4角 馬体重 毛色 誕生日 優勝馬 1番人気馬
2015.12.26 5 アップトゥデイト クロフネ トニービン 63 8 林満明 49 中山 中山大障JG1 3.5 2 4100 A -0.1 4.37.9 14 3 3 2 2 528 6 芦毛 2010. 2.18 アップトゥデイト サナシオン
2014.12.20 5 レッドキングダム ディープインパクト Danehill 63 5 北沢伸也 43 中山 中山大障JG1 9.6 4 4100 A -0.5 4.41.0 13 6 5 3 3 466 -4 鹿毛 2009. 2.23 レッドキングダム アポロマーベリック
2013.12.21 4 アポロマーベリック アポロキングダム Theatrical 63 1 五十嵐雄 29 中山 中山大障JG1 10.1 5 4100 A -1.3 4.45.8 16 1 1 1 1 528 -2 鹿毛 2009. 4.15 アポロマーベリック バアゼルリバー
2012.12.22 4 マーベラスカイザー マーベラスサンデー Woodman 63 3 熊沢重文 44 中山 中山大障JG1 9.5 3 4100 A -0.5 4.48.8 15 3 3 2 2 492 4 栗毛 2008. 4.29 マーベラスカイザー マジェスティバイオ
2011.12.24 4 マジェスティバイオ オペラハウス ヘクタープロテクター 63 7 山本康志 34 中山 中山大障JG1 2.9 1 4100 A -0.1 4.44.2 10 7 7 4 4 506 -6 鹿毛 2007. 3. 9 マジェスティバイオ
2010.12.25 5 バシケーン シルクジャスティス ロドリゴデトリアーノ 63 6 蓑島靖典 28 中山 中山大障JG1 56.8 10 4100 A 0.0 4.46.1 12 7 7 6 6 450 2 栗毛 2005. 3.29 バシケーン トーワベガ
2009.12.26 7 キングジョイ マーベラスサンデー ジェイドロバリー 63 5 西谷誠 33 中山 中山大障JG1 2.5 1 4100 A -0.3 4.41.7 14 3 3 2 2 510 0 鹿毛 2002. 4.16 キングジョイ
2008.12.27 6 キングジョイ マーベラスサンデー ジェイドロバリー 63 4 高田潤 28 中山 中山大障JG1 6.6 2 4100 A -0.1 4.45.0 16 5 5 5 5 514 2 鹿毛 2002. 4.16 キングジョイ マルカラスカル
2007.12.22 5 メルシーエイタイム チーフベアハート スリルシヨー 63 7 横山義行 33 中山 中山大障JG1 5.2 3 4100 A -0.2 4.39.7 16 3 2 2 2 472 4 鹿毛 2002. 2.27 メルシーエイタイム テイエムドラゴン
2006.12.23 4 マルカラスカル グラスワンダー トニービン 63 2 西谷誠 30 中山 中山大障JG1 6.0 2 4100 A -1.0 4.41.0 16 1 1 1 1 496 -10 黒鹿 2002. 5. 3 マルカラスカル メルシーエイタイム

傾向を探る

1番人気馬は過去10年で2勝のみ。

障害ジャンプレースとは言え、最高峰レースであるG1競走で1番人気の勝率20%というのは、波乱要素がかなり大きいと見て間違いないでしょう。

  • オジュウチョウサンdown↓

この中山大障害は優勝馬馬齢が若いというのが特徴で、4歳5歳馬で8勝を挙げています。ちなみに春の中山グランドジャンプは逆に高齢馬が強いという傾向があります。

  • ルートヴィヒコードUp!↑
  • クリノダイコクテンUp!↑
  • オジュウチョウサンUp!↑
  • ウインイルソーレUp!↑
広告