最内武豊&大外蛯名正義

今日は有馬記念の公開抽選会が東京・品川プリンスホテルで行われました。

ゲストにはお馴染みの伊崎脩五郎さんや、元騎手で競馬コメンテーターとして活躍中の細江純子さん、そしてニューヨークヤンキースの田中将大選手を有馬記念大使に迎えての抽選会。

こんなの、どうやったって八百長なんて出来る訳ないじゃないですかー。

結論から言ってしまえば、流石と言うべきなのか強運と言うべきなのか、1枠1番を引き当てたのはまたまたキタサンブラック武豊騎手。

個人的には、どの枠に入った所で結果はそう大きく変わるとは思えないんですけどねー。今のキタサンブラックは、それだけの「圧倒感」を持っている気がします。

逆にマリアライト蛯名正義騎手は2年連続の大外枠からのスタートが確定。

宝塚記念も大外16番でしたから、グランプリレースという括りにすれば3連続大外16番枠を引き当てた事になり、考えてらこちはこちらでもの凄い確率ですよねー。

まぁ、マリアライトは中途半端に内枠に入って揉まれる競馬をさせるよりも、大外の方が良さそうですし、蛯名騎手の性格にも合っているのではないでしょうか。

他の有力馬を見てみると、サトノダイヤモンドルメール騎手は6枠11番、ゴールドアクター吉田隼人騎手は1枠2番と、どちらもイイ感じの枠で全力を発揮出来そうかな。

有馬記念の発走は25日(日)の15時25分発走!

広告

それでは、今年の出走登録馬の血統一覧をご覧下さい。

中山芝2000・ホープフルS
賞金 馬名 母父 母母 母母父 馬名
900 2 レイデオロ キングカメハメハ ラドラーダ シンボリクリスエス レディブロンド Seeking the Gold レイデオロ
400 2 メリオラ Giant’s Causeway Stop Traffic Cure the Blues Save My Soul I’ma Hell Raiser メリオラ
400 2 ミスディレクション ミスキャスト スウィフトオブフライト Sky Classic Sails Unfurled Capote ミスディレクション
400 2 マイネルスフェーン ステイゴールド マイネジャーダ Jade Robbery テクラヤティ Lyphard マイネルスフェーン
400 2 ベストリゾート ハービンジャー ガラディナー サンデーサイレンス ディナータイム Bering ベストリゾート
400 2 ビルズトレジャー ダノンシャンティ メジロヒラリー エルコンドルパサー メジロドーベル メジロライアン ビルズトレジャー
400 2 バリングラ Fastnet Rock Sweet Dreams Baby Montjeu Shahtoush Alzao バリングラ
400 2 ニシノアップルパイ リーチザクラウン アップルトウショウ アンバーシヤダイ ダーリントウショウ トウシヨウボーイ ニシノアップルパイ
400 2 ディアシューター サムライハート ナムラクロシェット Miswaki Romy Slew Machine ディアシューター
400 2 ショワドゥロワ マンハッタンカフェ グッドチョイス フレンチデピュティ ワインアンドローズ ジヤツジアンジエルーチ ショワドゥロワ
400 2 サングレーザー ディープインパクト マンティスハント Deputy Minister ウィッチフルシンキング Lord Avie サングレーザー
400 2 コマノインパルス バゴ コマノアクラ フジキセキ リンデンジョオー リアルシヤダイ コマノインパルス
400 2 グローブシアター キングカメハメハ シーザリオ スペシャルウィーク キロフプリミエール Sadler’s Wells グローブシアター
400 2 オールザゴー ステイゴールド アルーリングボイス フレンチデピュティ アルーリングアクト End Sweep オールザゴー
400 2 エンドゲーム キングズベスト タイキクラリティ スペシャルウィーク タイキダイヤ Ogygian エンドゲーム
400 2 アドマイヤウイナー ワークフォース ソングバード ダンスインザダーク マイワイルドフラワー Topsider アドマイヤウイナー
0 2 コスモス フリオーソ カーラ ゴールドアリュール パルブライト ペイザバトラー コスモス

中山芝2000・ジャストMペース

まずは「ジャストMペース」を設定から始めます。

これはスローペース寄りのレース数とハイペース寄りのレース数を出来るだけ均一化する為に、ど真ん中の前半5F(1000メートル)通過タイムを算出する事を言います。

過去5年間に中山・芝2000コースで行われた特別戦、計85レースを抽出。

前半5F通過タイムが1番速かったのは、

2012年中山・レインボーS(1600万下)ユキノハリケーンの5F通過タイム57.6秒(勝ち馬マルカボルト)

1番遅かったのは

2012年中山・館山特別(1000万下)ラッキーバニラの5F通過タイム65.4秒(勝ち馬アドマイヤラクティ)

でした。

その85ースの5F通過タイムの中央値は61.2秒となりますので、このレースのジャストMペースは61.2秒に設定します。

父馬(種牡馬)系統の傾向分析

父系

中山・芝2000コースの実績統計を採用・参照し、サックリ血統分析で推測してみたいと思います。

ジャストMペースは前半5F通過タイム61.2秒に設定。

基礎データは単勝オッズ50倍未満の馬が対象です。

中山芝2000
前半5F(1000M)通過タイム 61.2秒以上 Sペース瞬発力型(差し追込タイプ) 前半5F(1000M)通過タイム 61.2秒以下 Hペース持久力型(逃げ先行タイプ)
♂ 父系 ♂ データ数 勝率 連対率 複勝率 掲示板 単回値 複回値 データ数 勝率 連対率 複勝率 掲示板 単回値 複回値 ♂ 父系 ♂
02◆サンデーサイレンス系 1392 10.8% 22.0% 32.0% 50.3% 78 76 816 9.4% 19.9% 30.1% 49.5% 70 84 02◆サンデーサイレンス系
03◆ロベルト系 304 10.5% 18.8% 28.3% 48.4% 77 60 190 14.2% 22.6% 32.1% 49.5% 109 87 03◆ロベルト系
05◆キングマンボ系 187 13.9% 23.5% 35.3% 56.1% 83 70 127 13.4% 26.8% 40.9% 56.7% 84 89 05◆キングマンボ系
11◆ダンツィヒ系 124 10.5% 23.4% 35.5% 61.3% 80 84 80 7.5% 15.0% 28.8% 48.8% 63 77 11◆ダンツィヒ系
19◇他ナスルーラ系 94 8.5% 24.5% 29.8% 44.7% 64 73 58 13.8% 24.1% 27.6% 36.2% 129 62 19◇他ナスルーラ系
13◆ストームバード系 27 7.4% 18.5% 37.0% 48.1% 58 87 12 0.0% 8.3% 33.3% 41.7% 0 117 13◆ストームバード系

各系統・登録馬

父サンデーサイレンス系

  • ディアシューター
  • オールザゴー 近親アルーリングボイス(ファンタジーS・小倉2歳S)
  • マイネルスフェーン 近親ダイワバンディット(新潟2歳s)、シェイクハンド(NZT)
  • ビルズトレジャー 近親メジロドーベル(牝馬二冠他)、メジロマントル(鳴尾記念)、ショウナンラグーン(青葉賞)
  • サングレーザー 近親メーデイア(JBCLクラシック他)、ロフティーエイム(福島牝馬S)
  • ショワドゥロワ 近親グレープブランデー(フェブラリーS・東海S他)
  • ミスディレクション
  • ニシノアップルパイ

父ロベルト系

  • コスモス 近親パルブライト(新潟記念・函館記念)

父キングマンボ系

  • グローブシアター 近親シーザリオ(優駿牝馬他)、エピファネイア(ジャパンC他)、リオンディーズ(朝日杯FS)
  • レイデオロ 近親ゴルトブリッツ(帝王賞・アンタレスS他)、
  • エンドゲーム 近親タイキフォーチュン(NHKマイルC他)、クラリティスカイ(NHKマイルC)、タイキダイヤ(クリスタルC)
  • アドマイヤウイナー 近親ブルーメンブラット(マイルCS他)、ジョイフルハート(北海道SC)

父ダンツィヒ系

  • バリングラ
  • ベストリゾート 近親リザーブカード(富士S2着・関屋記念2着)

父ストームバード系

  • メリオラ

父他ナスルーラ系

  • コマノインパルス 近親リンデンリリー(エリザベス女王杯他)、ヤマカツリリー(フィリーズR・阪神JF2着)

私情分析

  • 馬券の中心は父キングマンボ系
  • 瞬発力レース向きの父ダンツィヒ系
  • 持久力レースで父ロベルト系の決め手が光る
広告

父馬

続いて、父馬の産駆統計を参照していきましょう。

中山芝2000
前半5F(1000M)通過タイム 61.2秒以上 Sペース瞬発力型(差し追込タイプ) 前半5F(1000M)通過タイム 61.2秒以下 Hペース持久力型(逃げ先行タイプ)
♂♂ 父名 ♂♂ データ数 勝率 連対率 複勝率 掲示板 単回値 複回値 データ数 勝率 連対率 複勝率 掲示板 単回値 複回値 ♂♂ 父名 ♂♂
ステイゴールド 153 9.8% 18.3% 28.1% 43.8% 82 71 92 10.9% 21.7% 32.6% 51.1% 78 110 ステイゴールド
キングカメハメハ 120 14.2% 24.2% 36.7% 56.7% 88 81 93 15.1% 30.1% 43.0% 61.3% 87 83 キングカメハメハ
ディープインパクト 119 16.0% 25.2% 39.5% 67.2% 81 85 99 19.2% 32.3% 44.4% 54.5% 106 95 ディープインパクト
マンハッタンカフェ 81 8.6% 17.3% 25.9% 45.7% 59 70 64 4.7% 14.1% 21.9% 39.1% 43 46 マンハッタンカフェ
ハービンジャー 48 12.5% 29.2% 37.5% 56.3% 93 76 18 16.7% 27.8% 27.8% 38.9% 100 65 ハービンジャー
サムライハート 13 0.0% 7.7% 15.4% 30.8% 0 42 3 0.0% 0.0% 33.3% 66.7% 0 133 サムライハート
バゴ 12 8.3% 25.0% 50.0% 58.3% 72 160 9 33.3% 55.6% 66.7% 66.7% 181 135 バゴ
Giant’s Causeway 6 0.0% 33.3% 33.3% 66.7% 0 61 2 0.0% 0.0% 50.0% 50.0% 0 85 Giant’s Causeway
ワークフォース 5 0.0% 0.0% 0.0% 20.0% 0 0 1 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0 0 ワークフォース
キングズベスト 3 33.3% 33.3% 33.3% 33.3% 357 50               キングズベスト
ダノンシャンティ 2 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0 0 1 0.0% 0.0% 0.0% 100% 0 0 ダノンシャンティ
Fastnet Rock 1 0.0% 0.0% 100% 100% 0 150               Fastnet Rock
ミスキャスト                             ミスキャスト
リーチザクラウン                             リーチザクラウン
フリオーソ                             フリオーソ

注目の父

父ディープインパクト 代表馬ディーマジェスティ(皐月賞)、マカヒキ・カミノタサハラ(弥生賞)、ハートレー・シャイニングレイ(ホープフルS)、ビッシュ(紫苑S)、ベストディール(京成杯)

  • サングレーザー

父キングカメハメハ  代表馬ドゥラメンテ(皐月賞)、トゥザワールド(弥生賞)

  • グローブシアター
  • レイデオロ

父ステイゴールド 代表馬ゴールドシップ(皐月賞)、フェイトフルウォー(京成杯)

  • オールザゴー
  • マイネルスフェーン

父ハービンジャー 代表馬プロフェット・ペルーフ(京成杯)

  • ベストリゾート

私情分析

  • 実績上位組父ディープインパクト父キングカメハメハの2強
  • 挑むのは父ハービンジャー父バゴ

>>次頁では母父系の分析です。

広告