前!現!新?

第36回ジャパンカップ(G1・東京芝2400)は先手をとった1番人気キタサンブラック武豊が後続を圧倒。そのまま逃げ切り勝ちを収め、同馬は獲得G1タイトルを3勝としました。

そのサブロージャパンカップ後には、見事な「後の祭り」が競馬ファンの胸に嬉しく、もしくは悲しく、府中に響き渡りましたとさ。

さて、次週は秋のダート王者を決定する第17回チャンピオンズカップ(G1・ダ1800)が中京競馬場で開催されます。

昨年は、JRAとしては初となる牝馬サンビスタが砂の女王の座に君臨し、砂の最強も牝馬に奪われてしまう新時代の幕開けか!?と思われましたが、同馬は即引退してしまいました。

しかし、春のダート王者を明け4歳馬モーニンが制し、2着も4歳馬ノンコノユメが入り、今年は世代交代は大きく進んで行くだろう、と思いきや、

芝路線で足掻いていた6歳馬アウォーディーがダート路線へ挑戦した結果、6連勝を達成。世代交代?なんですかそれは、武豊騎手サイコー!

みたいな、予想とは大きく異なるダート戦線になっている現状ですが、個人的には3歳馬4歳馬にもっと存在感を出して欲しいですねー。

さて、今回は中京ダート1800の過去データを基に統計をとろうとしましたが、中京コースは改装してからまだ4年しか経っておらずデータ数としては不十分。

と言う事で、旧ジャパンCダートコースである阪神ダート1800との混合データとなっておりますので、どうぞご了承ください。

広告

それでは、今年の出走登録馬の血統一覧をご覧下さい。

中京ダ1800・チャンピオンズカップ(G1)
賞金 馬名 母父 母母 母母父 馬名
41135 7 ホッコータルマエ キングカメハメハ マダムチェロキー Cherokee Run アンフォイルド Unbridled ホッコータルマエ
31320 6 コパノリッキー ゴールドアリュール コパノニキータ ティンバーカントリー ニホンピロローズ トニービン コパノリッキー
12450 6 アウォーディー Jungle Pocket Heavenly Romance Sunday Silence First Act Sadler’s Wells アウォーディー
11700 6 サウンドトゥルー フレンチデピュティ キョウエイトルース フジキセキ キョウエイヨシノ プラウドデボネア サウンドトゥルー
8120 3 ラニ Tapit Heavenly Romance Sunday Silence First Act Sadler’s Wells ラニ
7860 6 タガノトネール ケイムホーム タガノレヴェントン キングカメハメハ フィバリッシュ トニービン タガノトネール
7050 5 アスカノロマン アグネスデジタル アスカノヒミコ タバスコキャット ティリオブストラッフォード Deputy Minister アスカノロマン
6825 4 ノンコノユメ トワイニング ノンコ アグネスタキオン レディータイクーン クリミナルタイプ ノンコノユメ
6225 7 ブライトライン フジキセキ シェリーズスマイル King of Kings Thunder Maid Alydar ブライトライン
5135 4 モーニン Henny Hughes Giggly Distorted Humor Chaste Cozzene モーニン
4750 5 モンドクラッセ アグネスデジタル クッキーキティ ラグビーボール ユキノサクラ リードワンダー モンドクラッセ
4730 3 ゴールドドリーム ゴールドアリュール モンヴェール フレンチデピュティ スペシャルジェイド Cox’s Ridge ゴールドドリーム
4300 4 アポロケンタッキー Langfuhr Dixiana Delight Gone West Lake Lady Salt Lake アポロケンタッキー
4100 5 ロワジャルダン キングカメハメハ アグネスショコラ サンデーサイレンス スキーパラダイス Lyphard ロワジャルダン
3750 5 メイショウスミトモ ゴールドアリュール ムゲン アジュディケーティング サンヨウアロー ミスターシービー メイショウスミトモ
3300 4 カフジテイク プリサイスエンド テイクザケイク スキャン エビスマイ ラシアンルーブル カフジテイク
2250 6 ブライトアイディア ゴールドアリュール マイティーカラー トニービン ジョディーディア Woodman ブライトアイディア

中京&阪神ダ1800・ジャストMペース

まずは「ジャストMペース」を設定から始めます。

これはスローペース寄りのレース数とハイペース寄りのレース数を均一化する為にど真ん中の前半5F(1000メートル)通過タイムを最初に決める事を言います。

チャンピオンズC(旧ジャパンCダート)は3歳以上オープンクラス戦のG1競走です。過去5年間の準オープンクラス以上の同コースレースを35レース分(良馬場のみ)抽出。

前半5F通過タイムが1番速かったのは、

2012年中京・ジュライC(オープンクラス)トウショウフリークのラップ59.6秒(勝ち馬ローマンレジェンド)

1番遅かったのは

2012年阪神・オークランドレーシングクラブT(1600万下クラス)ダイヴァーダウンのラップ63.0秒(勝ち馬メイショウエバモア)

でした。

その35レースの5F通過タイムの中央値は61.4秒となりましたので、このレースのジャストMペースは61.4秒に設定します。

父馬(種牡馬)系統の傾向分析

父系

中京ダート1800コース・阪神ダート1800の統計を採用・参照し、サックリ血統分析で推測してみたいと思います。

ジャストMペースは前半5F通過タイム61.4秒に設定。

基礎データは単勝オッズ50倍未満の馬が対象です。

中京ダ1800&阪神ダ1800
前半5F(1000M)通過タイム 61.4秒以上 Sペース戦・瞬発力型(差し追込タイプ) 前半5F(1000M)通過タイム 61.4秒以下 Hペース戦・持久力型(逃げ先行タイプ)
♂ 父系 ♂ データ数 勝率 連対率 複勝率 掲示板 単回値 複回値 データ数 勝率 連対率 複勝率 掲示板 単回値 複回値 ♂ 父系 ♂
02◆サンデーサイレンス系 1897 10.4% 20.5% 30.9% 49.8% 76 77 513 9.2% 18.9% 28.5% 45.0% 73 75 02◆サンデーサイレンス系
07◇他ミス・プロ系 778 12.9% 21.7% 31.6% 49.7% 100 80 236 10.6% 20.8% 28.8% 44.9% 84 75 07◇他ミス・プロ系
09◆デピュティミニスター系 376 11.2% 23.4% 32.4% 51.9% 72 86 96 10.4% 20.8% 34.4% 49.0% 73 89 09◆デピュティミニスター系
05◆キングマンボ系 352 13.9% 25.0% 37.2% 56.5% 91 92 131 8.4% 14.5% 26.7% 48.1% 62 73 05◆キングマンボ系
06◆フォーティナイナー系 239 10.5% 22.2% 35.1% 50.6% 81 82 68 16.2% 26.5% 30.9% 45.6% 133 90 06◆フォーティナイナー系
11◆ダンジグ系 232 9.5% 15.5% 26.7% 47.4% 81 77 48 10.4% 20.8% 29.2% 45.8% 81 76 11◆ダンジグ系
16◆グレイソヴリン系 183 9.8% 19.1% 25.1% 43.2% 87 56 36 11.1% 13.9% 13.9% 22.2% 112 31 16◆グレイソヴリン系
18◆ボールドルーラー系 108 13.9% 26.9% 38.9% 53.7% 95 92 41 9.8% 17.1% 31.7% 51.2% 70 61 18◆ボールドルーラー系
13◆ストームキャット系 84 11.9% 31.0% 38.1% 51.2% 90 122 35 5.7% 17.1% 25.7% 34.3% 48 60 13◆ストームキャット系

各系統・登録馬

父サンデーサイレンス系

  • コパノリッキー
  • ゴールドドリーム
  • ブライトアイディア
  • メイショウスミトモ 近親ウイングアロー(ジャパンCダート・フェブラリーS)、ロングプライド(ユニコーンS)
  • ブライトライン

父キングマンボ系

  • ホッコータルマエ
  • ロワジャルダン 近親ゴールデンチケット(兵庫ChS)、キャプテントゥーレ(皐月賞)

父フォーティナイナー系

  • ノンコノユメ 近親スピードアイリス(アンタレスS2着)、ハーツクライ(有馬記念他)
  • カフジテイク 近親テイクアベット(佐賀サマーCh)

父他ミス・プロ系

  • アスカノロマン
  • モンドクラッセ 近親カゼノコ(ジャパンDD)、近親タフネススター(カブトヤマ記念)
  • タガノトネール 近親ヘッドライナー(CBC賞)

父デピュティミニスター系

  • サウンドトゥルー

父ダンジグ系

  • アポロケンタッキー

父ストームキャット系

  • モーニン

父グレイソヴリン系

  • アウォーディー 近親ラニ、アムールブリエ(エンプレス杯他)、ヘブンリーロマンス(天皇賞秋他)

父ボールドルーラー系

  • ラニ 近親アウォーディー、サージュウェルズ(ステイヤーズS)

私情分析

  • 万能型の父フォーティナイナー系父デピュティミニスター系が軸安定
  • Hペースor逃げ先行で父フォーティナイナー系は更に決め手上昇
  • Sペースor差し追込型は父キングマンボ系父ボールドルーラー系
広告

父馬

続いて、父馬の産駆統計を参照していきましょう。

中京ダ1800&阪神ダ1800
前半5F(1000M)通過タイム 61.4秒以上 Sペース戦・瞬発力型(差し追込タイプ) 前半5F(1000M)通過タイム 61.4秒以下 Hペース戦・持久力型(逃げ先行タイプ)
♂♂ 父名 ♂♂ データ数 勝率 連対率 複勝率 掲示板 単回値 複回値 データ数 勝率 連対率 複勝率 掲示板 単回値 複回値 ♂♂ 父名 ♂♂
キングカメハメハ 241 15.4% 25.7% 38.6% 55.2% 93 86 99 10.1% 18.2% 29.3% 52.5% 72 80 キングカメハメハ
ゴールドアリュール 154 9.7% 23.4% 35.1% 54.5% 63 88 57 22.8% 29.8% 38.6% 52.6% 143 88 ゴールドアリュール
フジキセキ 137 14.6% 22.6% 33.6% 54.7% 89 64 24 8.3% 33.3% 33.3% 41.7% 67 91 フジキセキ
フレンチデピュティ 84 8.3% 16.7% 27.4% 46.4% 59 74 17 11.8% 17.6% 41.2% 76.5% 65 109 フレンチデピュティ
ジャングルポケット 59 11.9% 20.3% 27.1% 44.1% 87 58 11 18.2% 27.3% 27.3% 45.5% 116 70 ジャングルポケット
アグネスデジタル 55 20.0% 30.9% 40.0% 52.7% 145 86 29 10.3% 20.7% 31.0% 48.3% 86 91 アグネスデジタル
プリサイスエンド 38 13.2% 26.3% 34.2% 50.0% 121 96 14 14.3% 42.9% 42.9% 50.0% 124 157 プリサイスエンド
トワイニング 19 10.5% 15.8% 21.1% 47.4% 116 56 2 0.0% 50.0% 50.0% 50.0% 0 100 トワイニング
ケイムホーム 14 7.1% 14.3% 14.3% 42.9% 71 28 8 0.0% 12.5% 12.5% 37.5% 0 21 ケイムホーム
Tapit 8 37.5% 37.5% 50.0% 75.0% 262 108 3 0.0% 0.0% 0.0% 33.3% 0 0 Tapit
Langfuhr 1 0.0% 0.0% 0.0% 100% 0 0 3 0.0% 33.3% 33.3% 33.3% 0 50 Langfuhr
Jungle Pocket 1 100% 100% 100% 100% 990 380 1 100% 100% 100% 100% 180 110 Jungle Pocket
Henny Hughes                             Henny Hughes

注目の血

父キングカメハメハ 重賞優勝馬ホッコータルマエ(チャンピオンズC・アンタレスS)、ベルシャザール(JCダート)

  • ホッコータルマエ
  • ロワジャルダン

父ゴールドアリュール 重賞優勝馬コパノリッキー(東海S)、エスポワールシチー(JCダート)

  • コパノリッキー
  • ゴールドドリーム
  • ブライトアイディア
  • メイショウスミトモ

父アグネスデジタル 重賞優勝馬アスカノロマン(東海S)

  • アスカノロマン
  • モンドクラッセ

父フジキセキ 重賞優勝馬カネヒキリ(JCダート)

  • ブライトライン

父Tapit 重賞優勝馬テスタマッタ(マーチS)

  • ラニ

父Jungle Pocket 重賞優勝馬アウォーディー(アンタレスS)

  • アウォーディー

私情分析

  • 父ゴールドアリュール父プリサイスエンドが万能型で大安定、父フジキセキが安定
  • Sペースor差し追込型は父キングカメハメハ父アグネスデジタル
  • 父フレンチデピュティはHペースor逃げ先行型で超安定

 

>>次頁では母父系の分析です。

広告