武豊無双!続

またまた、武豊騎手が交流重賞勝ち!

今日の浦和競馬場で行われた第37回浦和記念(Jpn2)で、単勝1.3倍の断然人気に支持されたケイティブレイブ武豊騎手が楽な手応えのまま後続を4馬身千切って完勝。

前走の金沢・白山大賞典(Jpn3)からの重賞連勝を果たした父アドマイヤマックス×母父サクラローレルの3歳馬ケイティブレイブですが絶好調ですねー。

2着にJRA所属クリソライトと大井所属藤井勘一郎騎手、3着には大井所属ハッピースプリントと金沢所属吉原寛人騎手という結果でした。

武豊騎手ファンからしたら嬉しい事この上ないのだけれど、アンチ武豊騎手の方々には面白くないのではないのではないのでしょうか。

そりゃあね、穴馬ばっかり探して買いまくっていた昔はね、武豊騎手がヘグる可能性のレースを探しては横綱相撲されて撃沈しまくって、武豊なんて大っ嫌い!なんて思ってました。

ですが、あの頃は私も若かったんだ。

普通に競馬好きであれば、武豊騎手のファンになってしまうに決まってる!(偏見あり)

地方競馬ファンの方は、地元所属の贔屓にしている騎手が中央の強い馬で無双していく姿を見せ付けられるとやっぱり悔しいんだろうなぁ。

さぁ、その悔しさを馬券的中で発散させましょう!

広告

それでは、今年の出走登録馬の血統一覧をご覧下さい。

京都芝2000・京都2歳ステークス(G3)
賞金 馬名 母父 母母 母母父 馬名
1200 2 プラチナヴォイス エンパイアメーカー プレザントブリーズ マンハッタンカフェ スターズインハーアイズ Woodman プラチナヴォイス
900 2 アダムバローズ ハーツクライ チャチャリーノ Unbridled’s Song パーレイ Mt. Livermore アダムバローズ
400 2 ヴァナヘイム キングカメハメハ グルヴェイグ ディープインパクト エアグルーヴ トニービン ヴァナヘイム
400 2 ワンダープチュック ハーツクライ ウイングドキャット Storm Cat Winglet Alydar ワンダープチュック
400 2 マイネルザウバア スクリーンヒーロー ラソーミュロワーズ Kendor Mercalle Kaldoun マイネルザウバア
400 2 ベストアプローチ New Approach Sant Elena Efisio Argent Du Bois Silver Hawk ベストアプローチ
400 2 ダノンディスタンス ルーラーシップ アゲヒバリ クロフネ トゥザヴィクトリー サンデーサイレンス ダノンディスタンス
400 2 ソーグリッタリング ステイゴールド ソーマジック シンボリクリスエス スーア Fairy King ソーグリッタリング
400 2 ジュニエーブル スズカフェニックス ピーチフィズ スウェプトオーヴァーボード プリンセスレビュー エリシオ ジュニエーブル
400 2 サンライズソア シンボリクリスエス アメーリア スペシャルウィーク ビハインドザマスク ホワイトマズル サンライズソア
400 2 カデナ ディープインパクト フレンチリヴィエラ French Deputy Actinella Seattle Slew カデナ
400 2 エーティーラッセン サマーバード チャームレディ アグネスタキオン ダンシングゴッデス Nijinsky エーティーラッセン

京都芝2000・ジャストMペースの設定

まずは「ジャストMペース」を設定から始めます。

これはスローペース寄りのレース数とハイペース寄りのレース数を均一化する為にど真ん中の前半5F(1000メートル)通過タイムを最初に決める事を言います。

京都2歳ステークスは2歳オープンクラスの重賞競走です。過去5年間の2、3歳500万下クラス以上の同コースレースを34レース分(重・不良馬場除く)抽出。

前半5F通過タイムが1番速かったのは、

2015年秋華賞(G1)の57.4秒(勝ち馬ミッキークイーン)

1番遅かったのは

2012年京都2歳S(G3)他の64.1秒(勝ち馬エピファネイヤ)

でした。

その34レースの5F通過タイムの中央値は61.25秒となりましたので四捨五入して61.3秒。このレースのジャストMペースは61.3秒と設定します。

父馬(種牡馬)系統の傾向分析

父系

京都2歳ステークスは京都芝2000メートル戦です。この同コースの統計を採用・参照し、サックリ血統分析で推測してみたいと思います。

ジャストMペースは前半5F通過タイム61.3秒に設定。

基礎データは単勝オッズ50倍未満の馬が対象です。

京都芝2000・京都2歳ステークス(G3)
前半5F(1000M)通過タイム 61.3秒以上 Sペース戦・瞬発力型(差し追込タイプ) 前半5F(1000M)通過タイム 61.3秒以下 Hペース戦・持久力型(逃げ先行タイプ)
♂ 父系 ♂ データ数 勝率 連対率 複勝率 掲示板 単回値 複回値 データ数 勝率 連対率 複勝率 掲示板 単回値 複回値 ♂ 父系 ♂
02◆サンデーサイレンス系 1109 13.7% 26.1% 38.5% 58.0% 85 82 797 12.0% 23.7% 33.9% 54.1% 83 82 02◆サンデーサイレンス系
03◆ロベルト系 246 5.3% 17.9% 29.7% 55.3% 38 76 162 8.6% 17.3% 35.2% 53.1% 58 87 03◆ロベルト系
05◆キングマンボ系 178 14.0% 26.4% 38.2% 57.9% 87 84 106 16.0% 23.6% 30.2% 47.2% 105 60 05◆キングマンボ系
07◇他ミス・プロ系 126 7.9% 23.0% 34.9% 53.2% 57 76 57 7.0% 12.3% 28.1% 49.1% 68 118 07◇他ミス・プロ系
12◆サドラーズウェルズ系 111 9.0% 18.0% 25.2% 45.0% 82 55 59 10.2% 22.0% 40.7% 55.9% 74 117 12◆サドラーズウェルズ系

各系統・登録馬

父サンデーサイレンス系

  • ジュニエーブル
  • ソーグリッタリング
  • カデナ 近親スズカコーズウェイ(京王杯SC)
  • アダムバローズ
  • ワンダープチュック

父ロベルト系

  • サンライズソア 近親オメガヴェンデッタ(阪急杯2着)、ベールドインパクト(京都新聞杯2着)
  • マイネルザウバア 近親ギュスターヴクライ(阪神大賞典)、レプランシュ(きさらぎ賞2着)

父キングマンボ系

  • ヴァナヘイム 近親ブレスジャーニー(東京スポーツ杯2歳S)、ドゥラメンテ(牡馬二冠他)
  • ダノンディスタンス 近親プロフェット(京成杯)、トゥザワールド(弥生賞他)

父他ミス・プロ系

  • プラチナヴォイス 近親ゴルトブリッツ(帝王賞)、ヴォルシェーブ(アルゼンチン共和国杯3着)
  • エーティーラッセン 近親エアエミネム(神戸新聞杯)、アラバンサ(ステイヤーズS2着)

父サドラーズウェルズ系

  • ベストアプローチ

私情分析

  • 父キングマンボ系父サンデーサイレンス系が安定
  • 父ロベルト系父サドラーズウェルズ系は速いペースで本領発揮
広告

父馬

続いて、父馬の産駆統計を参照していきましょう。

京都芝2000・京都2歳ステークス(G3)
前半5F(1000M)通過タイム 61.3秒以上 Sペース戦・瞬発力型(差し追込タイプ) 前半5F(1000M)通過タイム 61.3秒以下 Hペース戦・持久力型(逃げ先行タイプ)
♂♂ 父名 ♂♂ データ数 勝率 連対率 複勝率 掲示板 単回値 複回値 データ数 勝率 連対率 複勝率 掲示板 単回値 複回値 ♂♂ 父名 ♂♂
ディープインパクト 153 19.6% 35.9% 51.0% 71.2% 78 88 114 17.5% 29.8% 41.2% 60.5% 77 70 ディープインパクト
キングカメハメハ 119 14.3% 26.9% 37.0% 58.0% 83 80 78 17.9% 24.4% 32.1% 46.2% 109 63 キングカメハメハ
ステイゴールド 100 11.0% 22.0% 31.0% 52.0% 76 60 73 19.2% 26.0% 35.6% 54.8% 165 106 ステイゴールド
ハーツクライ 72 12.5% 22.2% 38.9% 54.2% 80 91 63 14.3% 23.8% 36.5% 58.7% 91 77 ハーツクライ
シンボリクリスエス 68 5.9% 11.8% 26.5% 54.4% 41 61 52 7.7% 9.6% 36.5% 51.9% 60 93 シンボリクリスエス
ルーラーシップ 8 12.5% 37.5% 62.5% 75.0% 103 153 2 50.0% 50.0% 50.0% 100% 197 75 ルーラーシップ
エンパイアメーカー 4 0.0% 50.0% 50.0% 50.0% 0 95 6 0.0% 16.7% 33.3% 50.0% 0 116 エンパイアメーカー
スクリーンヒーロー 3 0.0% 0.0% 33.3% 33.3% 0 36 1 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0 0 スクリーンヒーロー
New Approach 1 100% 100% 100% 100% 530 180               New Approach
スズカフェニックス               1 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0 0 スズカフェニックス
サマーバード                             サマーバード

注目の血

父ディープインパクト 同舞台優勝馬ヴィブロス・ミッキークイーン・ショウナンパンドラ・ジェンティルドンナ(秋華賞)

  • カデナ

父キングカメハメハ 同舞台優勝馬アパパネ(秋華賞)、ルーラーシップ(2011年金鯱賞)

  • ヴァナヘイム

父ハーツクライ 同舞台優勝馬ベルラップ(京都2歳S)

  • アダムバローズ
  • ワンダープチュック

私情分析

  • 父ディープインパクトの信用安定の連軸鉄板
  • 決め手がある父キングカメハメハはハイペースで更に上昇
  • 父ステイゴールド父ハーツクライもハイペースがお好み
  • 父シンボリクリスエスはコース適正低く要マイナス補正で

>>次頁では母父系の分析です。

広告