大混戦!波乱上等マイルCS

最強マイラーのモーリスが出走しない、何か物足りない様に感じる今年のマイルCS。

ですが、本当にそうでしょうか?

3歳馬ロードクエストも楽しみですし、4歳馬ヤングマンパワーも期待十分。まぁ、5歳馬以上はいつものメンバーで面白味に欠けるように見えますが、

本気を出せば、もしかしたらモーリスを超える馬がいるかもしれない。いないかもしれない。

だったら、モーリスより強い馬を狙えばイイじゃないか!と言う事で、早速ですが、モーリスに勝った経験のある馬をちょっとプラス評価にしてスタートです!

  • 2014年シンザン記念モーリス5着ミッキーアイル1着Up!↑
  • 2014年京都新聞杯モーリス7着ガリバルディ3着Up!↑
  • 2016年札幌記念モーリス2着ネオリアリズム1着Up!↑

前日人気

現在1番人気は支持率20%超サトノアラジン川田将雅騎手。

前哨戦のスワンS(G2・京都芝1400戦)では大外から終いを活かして快勝し、万全を期してココに駒を進めてまいりました。が、

春のマイル王決定戦安田記念4着と惜敗したその前走も京王杯SC(G2・東京芝1400戦)を快勝しており、デジャヴ感が漂う同馬ですが1番人気馬としてはちょっとどうだろう。

2番人気は支持率17%前後イスラボニータルメール騎手。

昨年のマイルCSでは1番人気に支持されて結果は3着。年明けから徐々に調子を上げてきており、昨年の雪辱を果たし、2年勝ち星なしの鬱憤をまとめて晴らすか!?

それに続くヤングマンパワーミッキーアイルが支持率12~13%前後で3,4番人気に支持されており、ここまでが単勝10倍未満の上位人気です。

広告

過去レースの傾向

まずは、過去10年間の勝ち馬をご覧ください(表はスクロールします)。

日付 性 齢 優勝馬 父馬 母父馬 騎手・年齢 場所 レース名 単・人気 距離 区分 状態 着順 着差 1F平均・タイム 上り3F順 前5F 頭数 1角 2角 3角 4角 後5F 馬体重 毛色 誕生日 優勝馬 1番人気馬
2015.11.22 4 モーリス スクリーンヒーロー カーネギー 57 8 ムーア 32 京都 マイルチG1 5.7 4 1600 C -0.2 11.60 1.32.8 33.1 2 59.0 18     9 8 58.2 508 -2 鹿毛 2011. 3. 2 モーリス イスラボニータ
2014.11.23 6 ダノンシャーク ディープインパクト Caerleon 57 6 岩田康誠 40 京都 マイルチG1 18.1 8 1600 C -0 11.44 1.31.5 34.1 1 56.7 17     11 10 57.8 444 2 鹿毛 2008. 3. 9 ダノンシャーク ミッキーアイル
2013.11.17 5 トーセンラー ディープインパクト Lycius 57 3 武豊 44 京都 マイルチG1 4.7 2 1600 C -0.2 11.55 1.32.4 33.3 1 58.3 18     15 14 57.3 460 4 黒鹿 2008. 4.21 トーセンラー ダノンシャーク
2012.11.18 4 サダムパテック フジキセキ エリシオ 57 1 武豊 43 京都 マイルチG1 10.5 4 1600 C -0 11.61 1.32.9 34.1 3 58.2 18     6 7 57.9 506 -2 鹿毛 2008. 3.30 サダムパテック グランプリボス
2011.11.20 4 エイシンアポロン Giant’s Causeway Sadler’s Wells 57 3 池添謙一 32 京都 マイルチG1 9.8 5 1600 C -0 11.74 1.33.9 34.9 3 58.6 18     5 4 59.5 506 6 栗毛 2007. 1.22 エイシンアポロン リアルインパクト
2010.11.21 5 エーシンフォワード Forest Wildcat Cure the Blues 57 7 岩田康誠 36 京都 マイルチG1 52.4 13 1600 C -0 11.48 1.31.8 34.3 4 56.7 18     8 7 58.1 488 10 鹿毛 2005. 2.16 エーシンフォワード ダノンヨーヨー
2009.11.22 8 カンパニー ミラクルアドマイヤ ノーザンテースト 57 2 横山典弘 41 京都 マイルチG1 2.3 1 1600 C -0.2 11.65 1.33.2 33.5 2 58.7 18     7 7 58.4 466 0 鹿毛 2001. 4.24 カンパニー
2008.11.23 5 ブルーメンブラット アドマイヤベガ Topsider 55 4 吉田豊 33 京都 マイルチG1 10.6 4 1600 C -0.1 11.58 1.32.6 33.9 1 57.9 18     12 10 58.2 486 10 黒鹿 2003. 2.20 ブルーメンブラット スーパーホーネット
2007.11.18 6 ダイワメジャー サンデーサイレンス ノーザンテースト 57 4 安藤勝己 47 京都 マイルチG1 3.8 1 1600 C -0 11.59 1.32.7 34.5 7 58.0 18     3 2 58.3 528 -2 栗毛 2001. 4. 8 ダイワメジャー
2006.11.19 5 ダイワメジャー サンデーサイレンス ノーザンテースト 57 5 安藤勝己 46 京都 マイルチG1 2.3 1 1600 B -0.1 11.59 1.32.7 35.1 6 57.5 18     2 2 58.7 526 -2 栗毛 2001. 4. 8 ダイワメジャー

血統から見る

このマイルCSはノーザンダンサー系の血が強い。

過去10年中、9頭の優勝馬にノーザンダンサー派生系統が父、母父、どちらかに含まれている事がわかります。今年の出走馬を見ると8頭が該当しますねー。

  • ヤングマンパワーUp!↑
  • サンライズメジャーUp!↑
  • クラレントUp!↑
  • サトノルパンUp!↑
  • フィエロUp!↑
  • ミッキーアイルUp!↑
  • ロードクエストUp!↑
  • サトノアラジンUp!↑
  • ダノンシャークUp!↑
広告

ペースで見る

過去10年の前半5F(1000M)通過タイムを見てみますと、その中央値は58.1秒。つまりこのタイムを境に5回は58.1秒以上のレース、5回は58.1秒以下のレースという事を意味します。

近走で芝1600メートル以上のコースを、この58.1秒以上で「先行」競馬を経験している馬はを探してみますと、

3走前の東京芝1600多摩川S(OPクラス)を斤量58キロで走ったヤングマンパワーがこのタイムの流れの先行競馬を経験。斤量的にもプラス評価に出来そう。

  • ヤングマンパワーUp!↑

3走前の東京芝1600のヴィクトリアマイル(G1)では、前半5Fを57.2秒の流れで先行経験したウインプリメーラも評価をプラスにしておこう。

  • ウインプリメーラUp!↑

4走前の阪神芝1600・マイラーズC(G2)を前半5Fを57.9秒の先行競馬したクラレントも。

  • クラレントUp!↑

優勝馬の過去3走を確認

過去10年のマイルCS優勝馬のローテーションも振り返っておきます。

性 齢 優勝馬 場所 前走レース名 単・人気 コース 着順 着差 頭数 1角 2角 3角 4角 場所 二走前レース名 単・人気 コース 着順 着差 頭数 1角 2角 3角 4角 場所 三走前レース名 単・人気 コース 着順 着差 頭数 1角 2角 3角 4角 優勝馬 1番人気馬
4 モーリス 東京 安田記念G1 3.7 1 芝1600 0.0 17     3 3 中山 ダービーHG3 3.1 1 芝1600 -0.6 16   14 15 13 中山 スピカS1600 1.5 1 芝1800 -0.1 11 10 10 11 11 モーリス イスラボニータ
6 ダノンシャーク 東京 富士SG3 2.9 1 芝1600 0.3 16     3 2 新潟 関屋記念G3 3.5 1 外1600 0.1 16     3 3 東京 安田記念G1 34.7 9 芝1600 0.6 17     3 2 ダノンシャーク ミッキーアイル
5 トーセンラー 京都 京都大賞G2 6.3 2 外2400 0.3 13 10 11 7 5 阪神 宝塚記念G1 14.2 4 内2200 1.0 11 5 5 5 6 京都 天皇賞春G1 13.6 3 外3200 0.2 18 9 9 6 2 トーセンラー ダノンシャーク
4 サダムパテック 東京 天皇賞秋G1 38.0 10 芝2000 0.6 18   9 7 7 東京 安田記念G1 6.6 1 芝1600 0.7 18     8 7 東京 京王杯スG2 7.2 4 芝1400 -0.1 15     7 8 サダムパテック グランプリボス
4 エイシンアポロン 東京 富士SG3 4.1 1 芝1600 0.0 17     11 11 東京 毎日王冠G2 36.1 10 芝1800 0.1 11   3 4 4 東京 天皇賞秋G1 26.6 7 芝2000 18 2.4 18   9 10 11 エイシンアポロン リアルインパクト
5 エーシンフォワード 京都 スワンSG2 3.6 1 外1400 0.6 14     7 8 東京 安田記念G1 17.4 9 芝1600 10 0.9 18     1 1 東京 京王杯スG2 2.3 1 芝1400 0.4 17     4 4 エーシンフォワード ダノンヨーヨー
8 カンパニー 東京 天皇賞秋G1 11.5 5 芝2000 -0.3 18   9 9 9 東京 毎日王冠G2 11.8 4 芝1800 -0.2 11   6 5 5 阪神 宝塚記念G1 31.5 7 内2200 0.4 14 3 3 4 2 カンパニー
5 ブルーメンブラット 東京 府中牝馬G3 8.0 4 芝1800 -0.1 18   14 11 9 東京 ヴィクトG1 8.8 4 芝1600 0.1 18     7 4 阪神 阪神牝馬G2 3.4 1 内1400 0.0 15     9 9 ブルーメンブラット スーパーホーネット
6 ダイワメジャー 東京 天皇賞秋G1 5.6 3 芝2000 10 0.9 16   5 6 6 東京 毎日王冠G2 1.8 1 芝1800 0.3 14   2 3 2 阪神 宝塚記念G1 7.0 5 内2200 12 3.4 18 7 6 7 6 ダイワメジャー
5 ダイワメジャー 東京 天皇賞秋G1 7.0 4 芝2000 -0.1 16   2 2 2 東京 毎日王冠G2 6.4 3 芝1800 0.0 16   2 2 2 京都 宝塚記念G1 25.6 4 外2200 1.1 13 3 3 2 2 ダイワメジャー

過去3走で芝1200のスプリント戦を経験している馬は厳しい模様

  • スノードラゴンdown↓
  • ミッキーアイルdown↓
広告