マイルウィークリー

今週のG1競走マイルCS(京都芝1600)の出走馬が確定しました。

気になった点としては、まず、ミッキーアイルの鞍上が松山弘平騎手から浜中俊騎手に戻りました。G1競走連続2着でしたが、今走は浜中騎手で確実に、という事なんでしょうかねー。

弾き出された(?)松山騎手はダノンシャークへ騎乗します。

関屋記念と富士ステークスの重賞を連勝したヤングマンパワーの鞍上が戸崎圭太騎手からバルザローナ騎手への乗り替わり。戸崎騎手はフィエロに騎乗するみたいですねー。

んー、この乗り替わりはちょっと意味が分からないかなぁ。

前走ルメール騎手が騎乗し好成績を収めたイスラボニータネオリアリズムマジックタイムですが、ルメール騎手はイスラボニータに騎乗。

ここは、ルメール騎手が自身が「勝てる」馬を選択したと考える事にします。

ネオリアリズムにはムーア騎手、マジックタイムにはシュタルケ騎手がそれぞれ騎乗。

武豊騎手は、美浦・小島太厩舎でダーレーチームのディサイファで参戦しますが、相手関係から考えると同馬にとって、このレースが最後のG1獲りチャンスとなりそうですねー。

ユタカマジックに期待!

広告

まずは、今年の出走登録馬の血統一覧をご覧下さい。

東京芝1600・赤松賞500万下
賞金 馬名 父名 母父名 父系 母父系 馬名
480 2 ワカコマタイヨウ トーセンファントム リアルシヤダイ 02◆サンデーサイレンス系 03◆ロベルト系 ワカコマタイヨウ
400 2 ラーナアズーラ パイロ フジキセキ 18◆ボールドルーラー系 02◆サンデーサイレンス系 ラーナアズーラ
400 2 ポンポン ブラックタイド トウカイテイオー 02◆サンデーサイレンス系 22★ヘロド系1758 ポンポン
400 2 ビルズトレジャー ダノンシャンティ エルコンドルパサー 02◆サンデーサイレンス系 05◆キングマンボ系 ビルズトレジャー
400 2 パフォーム マツリダゴッホ アドマイヤコジーン 02◆サンデーサイレンス系 16◆グレイソヴリン系 パフォーム
400 2 ドゥモワゼル ショウナンカンプ ジェニュイン 17◆テスコボーイ系 02◆サンデーサイレンス系 ドゥモワゼル
400 2 チシャーキャット メイショウボーラー クロフネ 04◇他ターントゥ系 09◆デピュティミニスター系 チシャーキャット
400 2 スズカゼ ディープブリランテ アフリート 02◆サンデーサイレンス系 07◇他ミス・プロ系 スズカゼ
400 2 シンボリバーグ ダイワメジャー Notebook 02◆サンデーサイレンス系 18◆ボールドルーラー系 シンボリバーグ
400 2 コーラルプリンセス クロフネ フジキセキ 09◆デピュティミニスター系 02◆サンデーサイレンス系 コーラルプリンセス
400 2 キャラメルフレンチ タイキシャトル フレンチデピュティ 04◇他ターントゥ系 09◆デピュティミニスター系 キャラメルフレンチ
400 2 キャスパリーグ ディープインパクト Storm Cat 02◆サンデーサイレンス系 13◆ストームキャット系 キャスパリーグ
400 2 オンリートゥモロー ディープインパクト Cape Cross 02◆サンデーサイレンス系 11◆ダンジグ系 オンリートゥモロー
400 2 エバープリンセス ハービンジャー サンデーサイレンス 11◆ダンジグ系 01◇祖サンデーサイレンス エバープリンセス
400 2 アマノガワ メイショウボーラー サンダーガルチ 04◇他ターントゥ系 07◇他ミス・プロ系 アマノガワ
400 2 アピールバイオ ネオユニヴァース キングカメハメハ 02◆サンデーサイレンス系 05◆キングマンボ系 アピールバイオ
200 2 アートオブダムール ヒルノダムール パントレセレブル 02◆サンデーサイレンス系 14◇他ノーザンダンサー系 アートオブダムール
80 2 ブラックプール パイロ アドマイヤベガ 18◆ボールドルーラー系 02◆サンデーサイレンス系 ブラックプール
80 2 チェリーフランス チェリークラウン ティンバーカントリー 11◆ダンジグ系 07◇他ミス・プロ系 チェリーフランス
0 2 リュウノビーナス マツリダゴッホ サクラバクシンオー 02◆サンデーサイレンス系 17◆テスコボーイ系 リュウノビーナス
0 2 ハナレイムーン ディープインパクト キングカメハメハ 02◆サンデーサイレンス系 05◆キングマンボ系 ハナレイムーン
0 2 ハートノエース サムライハート コマンダーインチーフ 02◆サンデーサイレンス系 10◆リファール系 ハートノエース
0 2 クーロゼ マツリダゴッホ タイキシャトル 02◆サンデーサイレンス系 04◇他ターントゥ系 クーロゼ

東京芝1600・ジャストMペースの設定

まずは「ジャストMペース」を設定から始めます。

これはスローペース寄りのレース数とハイペース寄りのレース数を均一化する為にど真ん中の前半5F(1000メートル)通過タイムを最初に決める事を言います。

赤松賞は2歳500万下条件戦の特別競走です。過去5年間の2,3歳戦500万下クラス以上の同コースレースを42レース分(重・不良馬場除く)抽出。

前半5F通過タイムが1番速かったのは、

2016年NHKマイルカップ(G1)の57.7秒(勝ち馬メジャーエンブレム)

1番遅かったのは2012年クイーンカップ(G3)の62.7秒(勝ち馬ヴィルシーナ)でした。

その42レースの5F通過タイムの中央値は60.0秒となりましたので、このレースのジャストMペースは60.0秒と設定します。

父馬(種牡馬)系統の傾向分析

父系

赤松賞は東京芝1600メートル戦です。この同コースの統計を採用・参照し、サックリ血統分析で推測してみたいと思います。

ジャストMペースは前半5F通過タイム60.0秒に設定。

基礎データは単勝オッズ50倍未満の馬が対象です。

前半5F(1000M)通過タイム 60.0秒以上 Sペース戦・瞬発力型(差し追込タイプ) 前半5F(1000M)通過タイム 60.0秒以下 Hペース戦・持久力型(逃げ先行タイプ)
♂ 父系 ♂ データ数 勝率 連対率 複勝率 掲示板 単回値 複回値 データ数 勝率 連対率 複勝率 掲示板 単回値 複回値 ♂ 父系 ♂
02◆サンデーサイレンス系 1672 12.0% 22.0% 32.2% 52.3% 85 86 1723 10.6% 19.7% 28.9% 47.2% 81 81 02◆サンデーサイレンス系
09◆デピュティミニスター系 117 12.0% 19.7% 24.8% 44.4% 97 75 142 12.7% 23.2% 33.1% 45.1% 97 111 09◆デピュティミニスター系
11◆ダンジグ系 103 7.8% 18.4% 30.1% 51.5% 53 83 156 8.3% 14.7% 25.0% 44.2% 72 68 11◆ダンジグ系
04◇他ターントゥ系 103 15.5% 23.3% 31.1% 45.6% 138 94 142 9.9% 18.3% 26.8% 45.1% 95 90 04◇他ターントゥ系
17◆テスコボーイ系 79 10.1% 17.7% 21.5% 35.4% 85 60 136 7.4% 14.0% 21.3% 40.4% 81 71 17◆テスコボーイ系
18◆ボールドルーラー系 29 13.8% 27.6% 37.9% 69.0% 83 88 35 11.4% 14.3% 22.9% 37.1% 108 61 18◆ボールドルーラー系

注目の血

父ボールドルーラー系

  • ブラックプール
  • ラーナアズーラ

父テスコボーイ系

  • ドゥモワゼル

私情分析

  • 父サンデーサイレンス系が多過ぎる
  • 父他ターントゥ系の一発、父ボールドルーラー系の頑張りが目立つ
  • ペースが上がれば父デピュティミニスター安定
広告

父馬

続いて、父馬の産駆統計を参照していきましょう。

東京芝1600・赤松賞500万下
前半5F(1000M)通過タイム 60.0秒以上 Sペース戦・瞬発力型(差し追込タイプ) 前半5F(1000M)通過タイム 60.0秒以下 Hペース戦・持久力型(逃げ先行タイプ)
♂♂ 父名 ♂♂ データ数 勝率 連対率 複勝率 掲示板 単回値 複回値 データ数 勝率 連対率 複勝率 掲示板 単回値 複回値 ♂♂ 父名 ♂♂
ディープインパクト 183 20.8% 35.5% 43.7% 66.7% 85 88 230 12.2% 25.2% 34.8% 64.3% 72 80 ディープインパクト
ダイワメジャー 113 15.0% 24.8% 37.2% 56.6% 103 85 110 14.5% 20.9% 32.7% 59.1% 100 94 ダイワメジャー
ネオユニヴァース 103 10.7% 21.4% 32.0% 48.5% 86 90 78 6.4% 14.1% 24.4% 59.0% 58 74 ネオユニヴァース
クロフネ 60 10.0% 20.0% 25.0% 48.3% 98 87 60 13.3% 25.0% 35.0% 73.3% 114 136 クロフネ
タイキシャトル 57 14.0% 22.8% 31.6% 50.9% 118 96 73 11.0% 23.3% 31.5% 56.2% 92 110 タイキシャトル
マツリダゴッホ 28 10.7% 25.0% 32.1% 60.7% 127 117 15 6.7% 13.3% 26.7% 40.0% 54 69 マツリダゴッホ
ブラックタイド 26 7.7% 19.2% 42.3% 61.5% 83 146 8 12.5% 25.0% 25.0% 37.5% 130 73 ブラックタイド
ハービンジャー 20 10.0% 20.0% 45.0% 60.0% 62 73 20 20.0% 25.0% 50.0% 85.0% 111 107 ハービンジャー
サムライハート 20 0.0% 0.0% 10.0% 50.0% 0 50 11 0.0% 0.0% 0.0% 18.2% 0 0 サムライハート
ダノンシャンティ 8 0.0% 0.0% 12.5% 62.5% 0 107 4 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0 0 ダノンシャンティ
トーセンファントム 7 28.6% 42.9% 57.1% 85.7% 327 272 8 37.5% 37.5% 37.5% 87.5% 275 65 トーセンファントム
ショウナンカンプ 7 42.9% 42.9% 42.9% 42.9% 264 97 6 0.0% 16.7% 16.7% 50.0% 0 28 ショウナンカンプ
パイロ 7 0.0% 14.3% 28.6% 57.1% 0 141 3 0.0% 0.0% 0.0% 100% 0 0 パイロ
メイショウボーラー 4 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0 0 5 0.0% 20.0% 40.0% 60.0% 0 124 メイショウボーラー
ディープブリランテ 4 25.0% 25.0% 25.0% 25.0% 401 70               ディープブリランテ
ヒルノダムール 1 0.0% 0.0% 0.0% 0.0% 0 0               ヒルノダムール
チェリークラウン                             チェリークラウン

注目の血

父ディープインパクト 同舞台優勝馬ミッキーアイル(NHKマイルC)、ヴィルシーナ(ヴィクトリアM)他

  • オンリートゥモロー 近親ジューヌエコール(デイリー杯2歳S)、ロジユニヴァース(東京優駿他)
  • キャスパリーグ 近親ケルフロイデ(京成杯2着)
  • ハナレイムーン 近親ノースフライト(エリザベス女王杯2着)、コメディアデラルテ(京都新聞杯2着)

父クロフネ 同舞台優勝馬クラリティスカイ(NHKマイルC)、ホエールキャプチャ(ヴィクトリアM)他

  • コーラルプリンセス 近親セイクリッドバレー(セントライト記念2着)

父ダイワメジャー 同舞台優勝馬メジャーエンブレム・カレンブラックヒル(NHKマイルC)他

  • シンボリバーグ

父ネオユニヴァース 同舞台優勝馬フォーエバーモア(クイーンC)

  • アピールバイオ

父トーセンファントム 同舞台優勝馬ブレイブスマッシュ(サウジアラビアRC)

  • ワカコマタイヨウ

父タイキシャトル 同舞台優勝馬レッドスパーダ(東京新聞杯)

  • キャラメルフレンチ 近親ムスティックエイジ(ラジオたんぱ杯2歳S2着)

私情分析

  • 父ディープインパクト父ダイワメジャーが大安定、父タイキシャトルが安定
  • 持久力戦なら父クロフネ父ハービンジャーが大活躍
  • 父トーセンファントムに猛虎魂を感じる
  • 父サムライハート父ダノンシャンティは苦しいか

 

>>次頁では母父系の分析です。

広告