ドナルド&ミッキー?

今日はアメリカ大統領選挙の話題で持ちきりですね。

民主党候補ヒラリー・クリントン(69)と共和党候補ドナルド・トランプ(70)の一騎打ちとなった今回のアメリカ大統領選挙。

外国の大統領選挙ってのは、いつ見ても若々しい同士の対決との印象が強い所為か、とても違和感があるお爺ちゃんとお婆ちゃんの対決。

最後の直線で剛腕が発揮したのか、共和党候補ドナルド・トランプ氏が半馬身ほどヒラリー・クリントン氏を差し切ったところが決勝線上で第45代アメリカ大統領戦の決着を見ました。

ちょくちょく出ていたマスコミ世論調査では、ヒラリー氏がリードしているという報道が多かったように感じるのですが、

選挙直前でヒラリー氏側がFBI(連邦捜査局)から、国務長官在任中に国家機密を私用メールで扱った事を問題視され捜査されている等、

色々な問題が噴出しアメリカ国民もウンザリしていたのでしょうかねー。

日本の国会では現在、TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)の国会承認を認める為、与野党での熾烈な攻防っぽい協議(笑)が行われていますが、

”アメリカ・ファースト”というキャッチフレーズでも分かるように、経済連携協定のTPPとは完全な真逆の政策論者であるトランプ氏。

今後、日米関係がどう進展・停滞していくのか注目です。んー、ドナルドが勝ったと言う事はミッキーがピンチなのでしょうか?

競馬界のミッキーというと、松永幹夫調教師、そして冠名が「ミッキー」でお馴染みの馬主野田みづき氏。

これが、今週のG1競走エリザベス女王杯のサインとなるのか否か、こちらにも注目ですね。

広告

まずは、今年の出走登録馬の血統一覧をご覧下さい。

デイリー杯2歳ステークス(G2)・京都芝1600
賞金 馬名 父名 母父名 父系 母父系 馬名
1200 2 ディーパワンサ ディープブリランテ Rahy 02◆サンデーサイレンス系 19◇他ナスルーラ系 ディーパワンサ
1200 2 ジューヌエコール クロフネ アグネスタキオン 09◆デピュティミニスター系 02◆サンデーサイレンス系 ジューヌエコール
900 2 ビーカーリー アドマイヤマックス クロフネ 02◆サンデーサイレンス系 09◆デピュティミニスター系 ビーカーリー
400 2 リナーテ ステイゴールド Orpen 02◆サンデーサイレンス系 11◆ダンジグ系 リナーテ
400 2 ユノディエール ハービンジャー サンデーサイレンス 11◆ダンジグ系 01◇祖サンデーサイレンス ユノディエール
400 2 ボンセルヴィーソ ダイワメジャー サクラローレル 02◆サンデーサイレンス系 19◇他ナスルーラ系 ボンセルヴィーソ
400 2 ベルカプリ ダイワメジャー Montjeu 02◆サンデーサイレンス系 12◆サドラーズウェルズ系 ベルカプリ
400 2 トウケイライデン パイロ バブルガムフェロー 18◆シアトルスルー系 02◆サンデーサイレンス系 トウケイライデン
400 2 ダイシンクイント ルーラーシップ アグネスタキオン 05◆キングマンボ系 02◆サンデーサイレンス系 ダイシンクイント
400 2 タイセイスターリー マンハッタンカフェ Rock of Gibraltar 02◆サンデーサイレンス系 11◆ダンジグ系 タイセイスターリー
400 2 サンライズソア シンボリクリスエス スペシャルウィーク 03◆ロベルト系 02◆サンデーサイレンス系 サンライズソア
400 2 サングレーザー ディープインパクト Deputy Minister 02◆サンデーサイレンス系 09◆デピュティミニスター系 サングレーザー
400 2 エスケークラウン リーチザクラウン アサティス 02◆サンデーサイレンス系 14◇他ノーザンダンサー系 エスケークラウン

京都芝1600外・ジャストMペースの設定

まずは、スローペースでもなく、ハイペースでもない通称「ジャストMペース」を設定します。

今回は2歳限定の重賞競走ということなので2歳戦のみを対象とし、過去同コースで行われた9レースを抽出。

前半5F(1000メートル)通過タイムが1番速かったのは、2013年デイリー杯2歳Sの57.9秒(優勝馬ホウライアキコ)、1番遅かったのは昨年の同重賞の61.7秒(優勝馬エアスピネル)。

その前半5F通過タイムの中央値は59.7秒となり、このタイムをジャストMペースと設定します。

父馬(種牡馬)系統の傾向分析

父系

デイリー杯2歳ステークスは京都芝1600です。このコースの統計を採用・参照し、さっくり血統分析で推測してみたいと思います。

ジャストMペースは前半5F通過タイム59.7秒

基礎データは単勝オッズ50倍未満の馬が対象です。

京都芝1600・デイリー杯2歳ステークス
前半5F(1000M)通過タイム 59.7秒→ Sペース寄り 前半5F(1000M)通過タイム →59.7秒 Hペース寄り
父系 データ数 勝率 単回値 複勝率 複回値 データ数 勝率 単回値 複勝率 複回値 父系
02◆サンデーサイレンス系 417 11.5% 84 32.4% 83 763 9.8% 75 29.4% 78 02◆サンデーサイレンス系
03◆ロベルト系 65 9.2% 67 30.8% 83 112 9.8% 84 32.1% 95 03◆ロベルト系
05◆キングマンボ系 46 15.2% 123 32.6% 86 91 7.7% 75 25.3% 69 05◆キングマンボ系
09◆デピュティミニスター系 41 7.3% 57 24.4% 64 51 5.9% 69 21.6% 63 09◆デピュティミニスター系
11◆ダンジグ系 21 0.0% 0 23.8% 120 37 16.2% 132 27.0% 81 11◆ダンジグ系
18◆シアトルスルー系 5 0.0% 0 40.0% 120 2 0.0% 0 50.0% 75 18◆シアトルスルー系

Sペースで注目の血

父キングマンボ系 勝率15.2% 複勝率32.6%

  • ダイシンクイント 近親ラッシュライフ(ファンタジーS2着、函館2歳S2着)

Hペースで注目の血

父ダンジグ系 勝率16.2% 複勝率27.0%

  • ユノディエール 近親スズジュピター(東スポ杯2着)、イースター(京王杯2歳S2着)

私情分析

Sペースだと父キングマンボ系、Hペースだと父ダンジグ系と得手不得手が非常に分かり易い。

連軸、3連軸として馬券的に考えると、どちらのペースにでも対応できそうな複勝率3割超の父ロベルト系を狙うというのもありかもしれない。

広告

父馬

続いて、父馬の産駆統計。

京都芝1600・デイリー杯2歳ステークス
前半5F(1000M)通過タイム 59.7秒→ Sペース寄り 前半5F(1000M)通過タイム →59.7秒 Hペース寄り
父名 データ数 勝率 単回値 複勝率 複回値 データ数 勝率 単回値 複勝率 複回値 父名
ディープインパクト 60 11.7% 64 35.0% 68 136 14.0% 80 37.5% 73 ディープインパクト
マンハッタンカフェ 20 20.0% 117 45.0% 122 33 15.2% 109 33.3% 71 マンハッタンカフェ
ダイワメジャー 17 17.6% 113 29.4% 47 55 7.3% 56 23.6% 53 ダイワメジャー
シンボリクリスエス 14 14.3% 112 35.7% 109 20 5.0% 38 20.0% 52 シンボリクリスエス
ステイゴールド 13 7.7% 56 38.5% 59 28 14.3% 135 28.6% 105 ステイゴールド
クロフネ 12 8.3% 78 25.0% 109 26 3.8% 40 23.1% 83 クロフネ
アドマイヤマックス 1 100% 350 100% 160 5 20.0% 266 40.0% 164 アドマイヤマックス
ディープブリランテ                     ディープブリランテ
リーチザクラウン                     リーチザクラウン
ルーラーシップ                     ルーラーシップ
ハービンジャー           6 0.0% 0 16.7% 21 ハービンジャー
パイロ                     パイロ

Sペースで注目の血

父マンハッタンカフェ 勝率20.0% 複勝率45.0%

  • タイセイスターリー 近親ミッキーアイル(NHKマイルC他)

父ダイワメジャー 勝率17.6% 複勝率29.4%

  • ベルカプリ
  • ボンセルヴィーソ

父シンボリクリスエス 勝率14.3% 複勝率35.7%

  • サンライズソア 近親コイウタ(ヴィクトリアマイル他)

Hペースで注目の血

父マンハッタンカフェ 勝率15.2% 複勝率33.3%

  • タイセイスターリー

父ディープインパクト 勝率14.0% 複勝率37.5%

  • サングレーザー

父ステイゴールド 勝率14.3% 複勝率28.6%

  • リナーテ 近親サトノダイヤモンド(菊花賞他)

私情分析

父マンハッタンカフェが鉄板軸に見えますね。

どんなペースでも対応可能で複勝率回収値も悪くなく馬券的には安牌といったところ。軸馬はほぼ決まりでしょうか。

Sペースだと父ダイワメジャーが輝き、Hペースでは父ステイゴールドが勢いを増す。まぁ、個人的にはイメージ通りです。

 

>>次頁では母父系の分析です。

広告