秋の女王様決定戦!

※10月10日にリニューアル血統分析表に改訂しました

 

出走登録馬にサラッと目を通しますと、

今年の春のグランプリ宝塚記念(G1・阪神2200)を勝利し、エリザベス女王杯(G1・京都芝2200)の連覇を目指すマリアライトと、

昨年の牝馬二冠馬で今年のヴィクトリアマイル(G1・東京芝1600)2着馬ミッキークインの2頭が力量的には中心となりそうです。

相手候補となると、

府中牝馬S(G2・東京芝1800)を勝ったクイーンズリング、秋華賞(G1・京都芝2000)2着馬の3歳牝馬パールコード

中山牝馬ステークス(G3・中山芝1800)を勝ったシュンドルボン、クイーンS(G3・札幌1800)2着馬シャルールまでが争覇圏と考えられますが、いかがでしょうか。

さっそく分析をはじめましょう。

広告

それでは今年の出走登録馬の血統一覧をご覧下さい。

エリザベス女王杯(G1)・京都芝二二
賞金 馬名 父名 母父名 父系 母父系 馬名
15050 5 マリアライト ディープインパクト エルコンドルパサー ◆サンデーサイレンス系 ◆キングマンボ系 マリアライト
9500 6 メイショウマンボ スズカマンボ グラスワンダー ◆サンデーサイレンス系 ◆ロベルト系 メイショウマンボ
7675 4 ミッキークイーン ディープインパクト Gold Away ◆サンデーサイレンス系 ◇他ノーザンダンサー系 ミッキークイーン
6250 4 クイーンズリング マンハッタンカフェ Anabaa ◆サンデーサイレンス系 ◆ダンジグ系 クイーンズリング
5750 6 ウインプリメーラ ステイゴールド フォーティナイナー ◆サンデーサイレンス系 ◆フォーティナイナー系 ウインプリメーラ
4250 5 シュンドルボン ハーツクライ エルコンドルパサー ◆サンデーサイレンス系 ◆キングマンボ系 シュンドルボン
3800 3 パールコード ヴィクトワールピサ Lost Code ◆サンデーサイレンス系 ▽セントサイモン系1881 パールコード
3450 5 ヒルノマテーラ マンハッタンカフェ Concern ◆サンデーサイレンス系 ◇ヒムヤー系1875 ヒルノマテーラ
2575 4 シングウィズジョイ マンハッタンカフェ シンボリクリスエス ◆サンデーサイレンス系 ◆ロベルト系 シングウィズジョイ
2325 4 タッチングスピーチ ディープインパクト Sadler’s Wells ◆サンデーサイレンス系 ◆サドラーズウェルズ系 タッチングスピーチ
2275 4 シャルール ゼンノロブロイ Kaldoun ◆サンデーサイレンス系 ◆グレイソヴリン系 シャルール
2250 4 アスカビレン ブラックタイド スウェプトオーヴァーボード ◆サンデーサイレンス系 ◆フォーティナイナー系 アスカビレン
2200 5 プロレタリアト ハーツクライ キングカメハメハ ◆サンデーサイレンス系 ◆キングマンボ系 プロレタリアト
1800 3 デンコウアンジュ メイショウサムソン マリエンバード ◆サドラーズウェルズ系 ◇他ノーザンダンサー系 デンコウアンジュ
1350 4 マキシマムドパリ キングカメハメハ サンデーサイレンス ◆キングマンボ系 ◇祖サンデーサイレンス マキシマムドパリ
1300 4 プリメラアスール スペシャルウィーク アジュディケーティング ◆サンデーサイレンス系 ◆ダンジグ系 プリメラアスール

京都芝2200・ジャストMペースの設定

まずは「ジャストMペース」を設定から始めます。

これはスローペース寄りのレース数とハイペース寄りのレース数を均一化する為に、ど真ん中の前半5F(1000メートル)通過タイムを最初に決める事を言います。

エリザベス女王杯は古馬オープンクラスの重賞競走なので、準オープンクラス(1600万下)以上の同コースレースを40レース分抽出しました。

前半5F通過タイムが1番速かったのは、2006年エリザベス女王杯の57.4秒(1着入線馬カワカミプリンセス優勝馬フサイチパンドラ)、

そして1番遅かったのは、2007年京都記念他の63.7秒(優勝馬アドマイヤムーン)。

その40レースの5F通過タイム中央値は60.75秒となりましたので、四捨五入して60.8秒。このレースでのジャストMペースは60.8秒と設定します。

父馬(種牡馬)系統の傾向分析

父系

エリザベス女王杯は京都芝2200メートル戦です。この同コースの統計を採用・参照し、サックリ血統分析で推測してみたいと思います。

ジャストMペースは前半5F通過タイム60.8秒に設定。

基礎データは単勝オッズ50倍未満の馬が対象です。

京都芝2200・エリザベス女王杯(G1)
前半5F(1000M)通過タイム 60.8秒→ Sペース寄り 前半5F(1000M)通過タイム →60.8秒 Hペース寄り
父系 データ数 勝率 単回値 複勝率 複回値 データ数 勝率 単回値 複勝率 複回値 父系
02◆サンデーサイレンス系 474 11.4% 74 34.6% 93 18 11.1% 71 27.8% 41 02◆サンデーサイレンス系
05◆キングマンボ系 61 16.4% 103 42.6% 113 9 22.2% 186 33.3% 70 05◆キングマンボ系
12◆サドラーズウェルズ系 46 6.5% 57 26.1% 80 26 3.8% 28 30.8% 58 12◆サドラーズウェルズ系

注目の血

父キングマンボ系 勝率S16.4%H22.2% 複勝率S42.6%H33.3%

  • マキシマムドパリ

父サドラーズウェルズ系 勝率S6.5%H3.8% 複勝率S26.1%H30.8%

  • デンコウアンジュ

私情分析

父サンデーサイレンス系は全体的に高いが出走馬のほとんどがコレなのでとりあえず後ほど。

父キングマンボ系は適正が高そうです。やはり、父サンデーサイレンス系打倒はこの系統のみか?父サドラーズウェルズ系は京都の軽い馬場は苦手な部類。ただ、来年以降は父Frankelが暴れてくれると個人的には期待しています。

広告

父馬

続いて、父馬の産駆統計を参照していきましょう。

京都芝2200・エリザベス女王杯(G1)
前半5F(1000M)通過タイム 60.8秒→ Sペース寄り 前半5F(1000M)通過タイム →60.8秒 Hペース寄り
父名 データ数 勝率 単回値 複勝率 複回値 データ数 勝率 単回値 複勝率 複回値 父名
ディープインパクト 66 18.2% 83 48.5% 111 46 15.2% 100 41.3% 88 ディープインパクト
キングカメハメハ 44 15.9% 92 40.9% 97 26 0.0% 0 26.9% 63 キングカメハメハ
マンハッタンカフェ 44 13.6% 98 34.1% 89 25 8.0% 73 12.0% 17 マンハッタンカフェ
ハーツクライ 42 4.8% 34 38.1% 137 24 8.3% 64 25.0% 77 ハーツクライ
ステイゴールド 34 8.8% 49 35.3% 95 24 12.5% 112 37.5% 108 ステイゴールド
スペシャルウィーク 25 8.0% 41 40.0% 68 17 11.8% 76 29.4% 42 スペシャルウィーク
ゼンノロブロイ 13 0.0% 0 30.8% 72 12 16.7% 249 25.0% 80 ゼンノロブロイ
ブラックタイド 5 0.0% 0 40.0% 76 5 0.0% 0 20.0% 62 ブラックタイド
メイショウサムソン 3 33.3% 285 33.3% 53 1 0.0% 0 0.0% 0 メイショウサムソン
ヴィクトワールピサ 1 0.0% 0 0.0% 0 4 0.0% 0 0.0% 0 ヴィクトワールピサ
スズカマンボ 1 100% 390 100% 200 1 0.0% 0 0.0% 0 スズカマンボ

注目の血

父ディープインパクト 勝率S18.2%H15.2% 複勝率S48.5%H41.3% 同コース重賞優勝馬マリアライト(エリザベス女王杯)、ラキシス(エリザベス女王杯)、トーセンラー(京都記念)、サトノラーゼンキズナトーセンホマレボシ(京都新聞杯)

  • タッチングスピーチ
  • マリアライト 近親クリソライト(ジャパンDダービー他)、アロンダイト(ジャパンCダート)、リアファル(神戸新聞杯)
  • ミッキークイーン

父マンハッタンカフェ 勝率S13.6%H8.0% 複勝率S34.1%H12.0% 同コース重賞優勝馬ゲシュタルトベストメンバーメイショウクオリア(京都新聞杯)

  • クイーンズリング
  • シングウィズジョイ
  • ヒルノマテーラ

父スペシャルウィーク 勝率S8.0%H11.8% 複勝率S40.0%H29.4% 同コース重賞優勝馬ブエナビスタ(京都記念)

  • プリメラアスール

父キングカメハメハ 勝率S15.9%H0.0% 複勝率S40.9%H26.9% 同コース重賞優勝馬ラブリーデイトゥザグローリー(京都記念)

  • マキシマムドパリ

父スズカマンボ 勝率S100%H0.0% 複勝率S100%H0.0% 同コース重賞優勝馬メイショウマンボ(エリザベス女王杯)

  • メイショウマンボ

父ハーツクライ 勝率S4.8%H8.3% 複勝率S38.1%H25.0%

  • シュンドルボン
  • プロレタリアト 近親ブロードアピール(シルクロードS・ガーネットS他)

私情分析

父ディープインパクトがここでも強く期待値も高い。出走馬予定馬の分厚さも他と比べてもレベルが抜けており中心視安定でしょうか。

打倒ディープの急先鋒はどの父だろう。父マンハッタンカフェか、父ステイゴールドか、父スペシャルウィークか?

いやいや、そろそろ目覚めるか!?父スズカマンボォー!

 

>>次頁では母父系の分析です。

広告