JRAにダートスプリントG1競走が欲しい

先日の川崎競馬場でのJBC開催では大盛り上がりを見せ、川崎競馬の売り上げレコードを叩きだしたというニュースがありましたが、地方競馬も頑張っており嬉しい限りです。

現在の秋のダート路線は、JBC → チャンピオンズC → 東京大賞典 というローテーションになるのでしょうけど、やっぱりJRAにダートのスプリントG1競走が欲しいですねー。

JRAでもチャンピオンズCクラシック(G1)、チャンピオンズCスプリント(G1)とやればもっとダート戦が盛り上がりそうなんだけどなー。

とりあえず、カペラステークス(G3・中山ダ千二)ファンの方々には、ゴメンナサイと謝っておきます。

さて、みやこステークスの枠順を見てみますと、「エッ」と声を上げちゃった1枠1番のラニ

これはこれは難儀な枠に入っちゃいましたね~。ズブくてエンジンの掛かりが遅いと定評のある同馬と内田博幸騎手は難しい競馬を強いられそうです。

広告

過去レースの傾向

まずは、過去6年間の勝ち馬をご覧ください(表はスクロールします)。

日付 性 齢 馬名 騎手・年齢 場所 レース名 単・人気 距離 区分 状態 着順 着差 1F平均・タイム 上り3F順 前5F 頭数 1角 2角 3角 4角 後5F 馬体重 毛色 誕生日 1着馬 1番人気馬
2015.11.8 4 ロワジャルダン 56 2 浜中俊 26 京都 みやこSG3 23.4 7 1800   -0 11.98 1.47.8 35.7 2 59.5 11 7 7 9 8 60.2 498 0 鹿毛 2011. 3.24 ロワジャルダン ダノンリバティ
2014.11.9 4 インカンテーション 56 7 大野拓弥 28 京都 みやこSG3 5.5 2 1800   -0.1 12.24 1.50.2 36.0 1 61.3 16 10 11 9 8 61.3 488 6 鹿毛 2010. 3.24 インカンテーション クリノスターオー
2013.11.3 4 ブライトライン 56 2 福永祐一 36 京都 みやこSG3 4.2 2 1800   -0 12.13 1.49.2 36.7 7 59.7 16 4 3 3 1 61.9 522 4 青毛 2009. 5. 6 ブライトライン ローマンレジェンド
2012.11.4 4 ローマンレジェンド 57 1 岩田康誠 38 京都 みやこSG3 1.4 1 1800   -0 12.18 1.49.6 36.7 2 59.9 16 6 6 6 5 61.8 506 2 黒鹿 2008. 2.24 ローマンレジェンド
2011.11.6 6 エスポワールシチー 58 3 佐藤哲三 41 京都 みやこSG3 1.6 1 1800   -0.6 12.04 1.48.4 36.7 1 59.5 15 2 2 2 2 61.2 498 2 栗毛 2005. 4.22 エスポワールシチー
2010.11.7 4 トランセンド 56 1 藤田伸二 38 京都 みやこSG3 3.1 2 1800   -0.2 12.20 1.49.8 36.8 3 60.6 16 1 1 1 1 61.7 514 6 鹿毛 2006. 3. 9 トランセンド キングスエンブレム

みやこステークスは今年が第7回と、比較的新しい重賞で過去6頭の勝ち馬を見てみますと、昨年のロワジャルダン以外はほぼ人気通りの決着となっております。

枠順は1枠、2枠、3枠と内枠が有利という傾向が見えます。他の要素としては馬体重500キロ前後の馬格は欲しいところですね。

みやこステークスの直前分析表

さっそくですが、まずは星取り表をご覧ください。

興味がありましたら、みやこステークス関連の記事ざっくり血統で傾向分析をよろしければどうぞ。

単勝20倍未満の人気馬を基礎データとして統計をとり、=騎手、=種牡馬、BM=母父、=ニックス(父母相性)、調=調教師、=生産牧場、=馬主の、七つの要素を★☆-△×の5段階評価で表してみました。

みやこS(G3)・京都ダ千八 人馬 陣営
馬名 騎手・年齢 BM 調
1 3 ラニ 56 内田博幸 46
2 5 メイショウヒコボシ 56 松山弘平 26
3 5 モンドクラッセ 56 岩田康誠 42
4 5 カゼノコ 58 北村友一 30
5 3 キョウエイギア 57 バルザロ 25
6 3 グレンツェント 55 川田将雅 31
7 5 ロワジャルダン 57 浜中俊 27
8 4 モルトベーネ 56 小牧太 49
9 4 アポロケンタッキー 56 松若風馬 21
10 6 インカンテーション 56 藤岡康太 27
11 5 アスカノロマン 58 和田竜二 39
12 7 ナリタスーパーワン 56 四位洋文 43
13 5 メイショウイチオシ 56 秋山真一 37
14 6 マイネルクロップ 56 国分優作 25
15 5 サクラエール 56 池添謙一 37
16 4 タムロミラクル 56 幸英明 40

※目安としては、「★」勝率18%超「☆」勝率15%以上「-」並・データ不足「△」勝率10%前後「×」ダメダメ、の五段階評価です 

本命候補馬は?

星取り表の評価と他もろもろ要素を勘案した結果、

  • ★ ★ ☆ ★ - ☆ ★ 浜中俊ロワジャルダン
  • ☆ ★ ☆ ★ - ★ ★ 和田竜二アスカノロマン
  • ★ ★ ☆ - ★ ☆ ★ 北村友一カゼノコ

という評価となりました。

前売りオッズを確認してみますと、内田博幸ラニ和田竜二アスカノロマン川田将雅グレンツェントの3頭が上位で、

それを追い掛けるのが岩田康誠モンドクラッセ松若風馬アポロケンタッキーが単勝オッズ10倍未満の様相。

ただ、適正の高い馬が多数を占める印象で、適正以外の要素での勝ち負けが決まりそうな、そんな感じを受けますねー。

広告