西の二歳重賞競走

今週土曜日は東西で二歳重賞競走が開催されます。

こちらでは、京都芝1400メートルコースの2歳牝馬限定戦、第21回KBS京都賞ファンタジーステークス(G3)を取り上げたいと思います。

この重賞は先日引退したベルカントやスプリンターズSを制したアストンマーチャンが勝利しているレースですが、1番人気が勝てないレースとしても知られていますねー。

断然の人気が予想されるFrankel産駆ミスエルテ川田将雅騎手ですが、どのようなレースを見せてくれるか非常に楽しみでもあります。

それでは進めていきましょう。

広告

過去レースの傾向

まずは、過去10年間の勝ち馬・レースタイムをご覧ください(表はスクロールします)。

日付 性 齢 馬名 騎手・年齢 場所 レース名 単・人気 距離 区分 状態 着順 着差 1F平均・タイム 上り3F順 前5F 頭数 1角 2角 3角 4角 後5F 馬体重 毛色 誕生日 1着馬 1番人気馬
2015.11.07 2 キャンディバローズ 54 8 ルメール 36 京都 ファンタG3 11.7 5 1400 B -0 11.70 1.21.9 33.7 5 59.2 12     3 4 58.6 412 6 鹿毛 2013. 3.22 キャンディバローズ ブランボヌール
2014.11.08 2 クールホタルビ 54 4 小牧太 47 京都 ファンタG3 92.3 14 1400 B -0.1 11.67 1.21.7 33.9 10 58.9 14     3 3 58.3 434 8 栗毛 2012. 4. 4 クールホタルビ ダノングラシアス
2013.11.09 2 ベルカント 54 4 武豊 44 京都 ファンタG3 6.2 4 1400 B -0.2 11.59 1.21.1 35.3 7 57.1 18     1 1 57.9 468 0 栗毛 2011. 3. 2 ベルカント エイシンオルドス
2012.11.10 2 サウンドリアーナ 54 7 M.デム 33 京都 ファンタG3 4.6 2 1400 B -0.5 11.54 1.20.8 34.5 5 57.7 14     2 2 57.2 482 12 黒鹿 2010. 3.26 サウンドリアーナ プリンセスジャック
2011.11.05 2 アイムユアーズ 54 6 メンディ 37 京都 ファンタG3 19.4 8 1400 B -0.2 11.61 1.21.3 35.0 2 57.7 17     9 10 58.4 454 4 栗毛 2009. 1.15 アイムユアーズ ファインチョイス
2010.11.06 2 マルモセーラ 54 4 田中健 22 京都 ファンタG3 7.5 4 1400 B -0 11.76 1.22.3 35.4 7 58.0 17     3 3 59.1 472 -4 黒鹿 2008. 3.12 マルモセーラ ケイティーズジェム
2009.11.08 2 タガノエリザベート 54 5 川田将雅 24 京都 ファンタG3 22.4 8 1400 B -0.1 11.60 1.21.2 33.5 1 58.4 16     16 16 58.3 488 2 黒鹿 2007. 2. 7 タガノエリザベート ラナンキュラス
2008.11.09 2 イナズマアマリリス 54 3 池添謙一 29 京都 ファンタG3 74.6 13 1400 B -0 11.96 1.23.7 34.5 2 61.1 14     3 4 59.9 434 -14 鹿毛 2006. 4.25 イナズマアマリリス ワイドサファイア
2007.11.04 2 オディール 54 3 安藤勝己 47 京都 ファンタG3 8.2 4 1400 B -0.2 11.59 1.21.1 34.2 2 56.9 14     3 2 57.7 440 0 芦毛 2005. 2.28 オディール エイムアットビップ
2006.11.05 2 アストンマーチャン 54 7 武豊 37 京都 ファンタG3 4.8 3 1400 B -0.8 11.47 1.20.3 33.6 2 57.2 14     5 3 56.8 460 -6 鹿毛 2004. 3. 5 アストンマーチャン ハロースピード

過去の勝ち馬の人気・オッズ面からみてみると、驚いた事にここ10年では1番人気が1度も勝利していないという、競馬マスコミ関係者はもっと頑張れ~!なレースです。

2,3番人気も1度づつの勝利のみ、という大波乱が通常営業で穴党さんには生唾ものレースというのはまず間違いなく、このレースで人気馬を狙う事は愚の骨頂と言う事だけは覚えておきましょう。

ファンタジーステークスの直前分析表

とりあえず、まずは星取り表をご覧ください。

興味がありましたら、京王杯2歳ステークス関連の記事ざっくり血統で傾向分析をよろしければどうぞ。

単勝20倍未満の人気馬を基礎データとして統計をとり、=騎手、=種牡馬、BM=母父、=ニックス(父母相性)、調=調教師、=生産牧場、=馬主の、七つの要素を★☆-△×の5段階評価で表してみました。

ファンタジーS(G3)・京都芝千四 人馬 陣営
馬名 騎手・年齢 BM 調
1 2 ミスエルテ 54 川田将雅 31
2 2 ドロウアカード 54 福永祐一 39 ×
3 2 アオアラシ 54 松田大作 38
4 2 モンロー 54 秋山真一 37
5 2 クールファンタジー 54 四位洋文 43
6 2 メイショウカリン 54 岩田康誠 42
7 2 ショーウェイ 54 松若風馬 21
8 2 ブラックオニキス 54 城戸義政 22
9 2 ゴールドケープ 54 バルザロ 25
10 2 ディアドラ 54 M.デム 37
11 2 ヤマカツグレース 54 池添謙一 37
12 2 クインズサリナ 54 シュタル 42

※目安としては、「★」勝率18%超「☆」勝率15%以上「-」並・データ不足「△」勝率10%前後「×」ダメダメ、の五段階評価です 

本命候補馬は?

星取り表の評価と他もろもろ要素を勘案した結果、

  • ☆ ☆ - ★ - ★ ★ 秋山真一郎モンロー

という最終評価となりました。

広告

二歳戦は馬より馬名で

名は体を表す

秋山騎手が手綱を握る2歳牝馬モンロー

馬名の由来を調べてみると、由来の欄には”人名”という事ですので、まぁ間違いなく往年のハリウッドスター女優マリリン・モンローなのでしょう。

未だに「オー!モーレツー!」というフレーズを聞けばマリリン・モンローという名前が浮かんでくる年配の方々も多そうですし、

私も含めて良く知らない世代も、これはマリリンモンローという女優が見せた、一種の芸という捉え方をしている人もいるかもしれません。

36歳という若さでこの世を去ったマリリン・モンローですが、アメリカ合衆国の第35代大統領のジョン・F・ケネディーの愛人だったというのは、あまりにも有名な話で、

一応は自殺による死とされていますが、ケネディー大統領が暗殺された後の口封じの為に暗殺されたという説もあり謎は残されたままです。

そんなモンローの名を与えられた”気がする”、秋山真一郎騎手とモンローですが、

二走前のデビュー戦の中京芝1400メートル戦では発馬で出遅れ、しかも手応えはあまり良く見せませんでしたが、直線は意外に伸びて3着確保という結果。

前走のダート1400メートル戦は逃げて難なく快勝しており、同馬のこの京都芝1400コースの適正はメンバー随一と見ていますので人気薄なら一発狙えるでしょう。

芝もダートもこなせる両刀使いとしても期待出来るのかも。

広告

ファンタジーステークスの結論

この出走馬の中で、京都芝1400コースに高い適正があると推測されたのは、秋山真一郎騎手&モンローのただ1頭のみ。

と言う事で、何の迷いもなくクロフネ産駆モンローに決定ー!

一応作成したので過去10年優勝馬の過去三走をご紹介。

性 齢 優勝馬 場所 前走レース名 単・人気 コース 着順 着差 頭数 1角 2角 3角 4角 場所 二走前レース名 単・人気 コース 着順 着差 頭数 1角 2角 3角 4角 場所 三走前レース名 単・人気 コース 着順 着差 頭数 1角 2角 3角 4角 優勝馬 1番人気馬
2 キャンディバローズ 札幌 未勝利* 1.7 1 芝1500 -0.1 13   4 4 3 札幌 新馬 2.1 1 芝1500 0 13   8 7 7                         キャンディバローズ ブランボヌール
2 クールホタルビ 小倉 小倉2歳G3 18.5 7 芝1200 13 1.1 17     3 5 小倉 フェニッ 4.3 2 芝1200 0.1 10     1 1 函館 函館2歳G3 14.3 5 芝1200 0.5 16     3 3 クールホタルビ ダノングラシアス
2 ベルカント 小倉 小倉2歳G3 2.4 1 芝1200 0.2 15     1 1 小倉 新馬・牝 1.5 1 芝1200 -0.8 17     1 1                         ベルカント エイシンオルドス
2 サウンドリアーナ 京都 デイリーG2 9.7 4 外1600 0.5 12     10 10 新潟 新潟2歳G3 20.3 9 外1600 0.1 18     5 5 中京 新馬 5.7 3 芝1400 -0 15     8 10 サウンドリアーナ プリンセスジャック
2 アイムユアーズ 函館 函館2歳G3 17.0 5 芝1200 0.2 13     9 6 函館 未勝利* 1.5 1 芝1200 -0.3 8     3 3 函館 新馬 2.4 1 芝1200 0.4 10     6 6 アイムユアーズ ファインチョイス
2 マルモセーラ 京都 未勝利・牝* 6.9 3 内1400 -0.7 18     1 1 阪神 新馬 219.7 16 内1400 0 18     1 1                         マルモセーラ ケイティーズジェム
2 タガノエリザベート 京都 デイリーG2 20.9 9 外1600 0.6 13     11 12 阪神 ききょう 3.8 2 内1400 0.7 16     3 6 小倉 新馬 3.3 2 芝1200 -0 9     8 5 タガノエリザベート ラナンキュラス
2 イナズマアマリリス 札幌 すずらん 8.4 5 芝1200 0 16     5 4 札幌 500万下* 154.5 11 芝1200 -0 11     5 5 旭川 浦和商   4 ダ1000 7 1.9       4 4 イナズマアマリリス ワイドサファイア
2 オディール 京都 りんどう500* 4.3 2 内1400 0.3 9     4 3 阪神 未勝利* 1.8 1 内1200 -0.7 7     3 3 阪神 新馬 2.6 1 内1200 0.8 10     3 3 オディール エイムアットビップ
2 アストンマーチャン 小倉 小倉2歳G3 5.0 3 芝1200 -0.4 14     2 1 小倉 未勝利* 1.3 1 芝1200 -0.1 13     2 2 小倉 新馬・牝 2.6 2 芝1200 0 13     5 3 アストンマーチャン ハロースピード

ここ10年で1番人気が全く勝つ事が出来ていないレースとなれば、現時点で見せている能力の精査をするのはあまり意味がないように思ったりもしちゃいます。

ですので、秋山騎手には積極的な競馬、先行抜け出しで勝ちに行って欲しいな。

行けー行けー、もーれつモンロー真一郎