マイルCSの前哨戦なのだ

先週の富士ステークス(G3・東京芝千六)では、ヤングマンパワーが前走の関屋記念を含む3連勝で、本番マイルチャンピオンシップ(G1・京都芝千六)の有力馬候補へと名乗りを挙げました。

今週は京都で、前哨戦第二幕の開演です。

昨年の勝ち馬アルビアーノを含む、フルゲート18頭に19頭が登録。先週の富士ステークスの少頭数11頭は何故だったんだろう。

あ、1着賞金が4100万円は富士ステークスはそういえばグレード3だったかー。当然、グレード2のスワンステークスの1着賞金は5900万円。

「富士」と「スワン」の言葉の印象だと、明らかに逆なんだよなぁ。

まぁ、とりあえずマイルチャンピオンシップの真の前哨戦は「天皇賞(秋)」で鉄板なのだ!

それでは今年の出走登録馬の血統一覧をご覧下さい。

スワンステークス(G2)・京都芝千四
賞金 馬名 父名 母父名 父系 母父系 馬名
9550 7 フィエロ ディープインパクト Danehill ◆サンデーサイレンス系 ◆ダンジグ系 フィエロ
8150 7 サンライズメジャー ダイワメジャー Deputy Minister ◆サンデーサイレンス系 ◆デピュティミニスター系 サンライズメジャー
6750 8 メイショウナルト ハーツクライ カーネギー ◆サンデーサイレンス系 ◆サドラーズウェルズ系 メイショウナルト
6350 5 サトノアラジン ディープインパクト Storm Cat ◆サンデーサイレンス系 ◆ストームキャット系 サトノアラジン
6250 6 ダンスディレクター アルデバラン2 サンデーサイレンス ◇他ミス・プロ系 ◇祖サンデーサイレンス ダンスディレクター
5300 7 テイエムタイホー ニューイングランド Lord At War ◆サンデーサイレンス系 ◇ファラリス系傍流1913 テイエムタイホー
4850 3 ダンツプリウス ブライアンズタイム マンハッタンカフェ ◆ロベルト系 ◆サンデーサイレンス系 ダンツプリウス
4400 7 バクシンテイオー サクラバクシンオー サンデーサイレンス ◆テスコボーイ系 ◇祖サンデーサイレンス バクシンテイオー
4375 5 エイシンブルズアイ Belgravia Siphon ◇他ミス・プロ系 ▽セントサイモン系1881 エイシンブルズアイ
4325 6 ティーハーフ ストーミングホーム Green Desert ◇他ミス・プロ系 ◆ダンジグ系 ティーハーフ
4225 5 サトノルパン ディープインパクト ダンシングブレーヴ ◆サンデーサイレンス系 ◆リファール系 サトノルパン
3650 4 アルビアーノ Harlan’s Holiday Unbridled ◆ストームキャット系 ◇他ミス・プロ系 アルビアーノ
3300 5 ミッキーラブソング キングカメハメハ フジキセキ ◆キングマンボ系 ◆サンデーサイレンス系 ミッキーラブソング
3300 5 エイシンスパルタン Zensational Mutakddim ◇他ミス・プロ系 ◇他ミス・プロ系 エイシンスパルタン
2325 5 ペイシャフェリス スペシャルウィーク Cape Cross ◆サンデーサイレンス系 ◆ダンジグ系 ペイシャフェリス
2250 5 ラインハート ステイゴールド クロフネ ◆サンデーサイレンス系 ◆デピュティミニスター系 ラインハート
2250 4 ムーンクレスト アドマイヤムーン Singspiel ◆フォーティナイナー系 ◆サドラーズウェルズ系 ムーンクレスト
2100 4 ブラヴィッシモ Fastnet Rock Sadler’s Wells ◆ダンジグ系 ◆サドラーズウェルズ系 ブラヴィッシモ
950 6 ランドクイーン サウスヴィグラス サクラバクシンオー ◆フォーティナイナー系 ◆テスコボーイ系 ランドクイーン
広告

父馬(種牡馬)系統のデータ分析

父系

京都芝千四外回りコースでの統計で、ざっくりな血統傾向を分析・推測してみたいと思います。基礎データは単勝オッズ20倍未満の上位人気馬のみ対象です。

京都芝千四外・単勝20倍未満対象
父系 総数 1着数 勝率 単回値 複勝率 複回値 平オッズ 平人気 父系
◆サンデーサイレンス系 477 48 10.1% 63 31.4% 70 8.9 4.0人気 ◆サンデーサイレンス系
◇他ミス・プロ系 99 12 12.1% 67 37.4% 71 8.4 3.8人気 ◇他ミス・プロ系
◆ロベルト系 81 8 9.9% 74 32.1% 80 10.2 4.6人気 ◆ロベルト系
◆フォーティナイナー系 77 10 13.0% 75 39.0% 83 9.1 4.0人気 ◆フォーティナイナー系
◆テスコボーイ系 67 13 19.4% 114 38.8% 97 8.5 3.7人気 ◆テスコボーイ系
◆キングマンボ系 55 6 10.9% 71 30.9% 67 8.9 4.2人気 ◆キングマンボ系
◆ダンジグ系 31 3 9.7% 71 22.6% 52 9.2 3.9人気 ◆ダンジグ系
◆ストームキャット系 25 3 12.0% 67 32.0% 52 8.3 3.9人気 ◆ストームキャット系

 

注目の血

テスコボーイ系 勝率19.4% 複勝率38.8%

  • バクシンテイオー  × 母父◇祖サンデーサイレンス

キングマンボ系 勝率10.9% 複勝率30.9%

  • ミッキーラブソング × 母父◆サンデーサイレンス系

サンデーサイレンス系 勝率10.1% 複勝率31.4%

  • ラインハート    × 母父◆デピュティミニスター系
  • サンライズメジャー × 母父◆デピュティミニスター系
  • ペイシャフェリス  × 母父◆ダンジグ系
  • フィエロ      × 母父◆ダンジグ系
  • サトノアラジン   × 母父◆ストームキャット系
  • サトノルパン    × 母父◆リファール系
  • メイショウナルト  × 母父◆サドラーズウェルズ系
  • テイエムタイホー  × 母父◇ファラリス系傍流1913

ロベルト系 勝率9.9% 複勝率32.1%

  • ダンツプリウス   × 母父◆サンデーサイレンス系

ダンジグ系 勝率9.7% 複勝率22.6%

  • ブラヴィッシモ   × 母父◆サドラーズウェルズ系

ちょっと一言

テスコボーイ系が3馬身程リード、といった感じでしょうか。単勝複勝回収率も100%前後と期待値にも文句なし。

フォーティナイナー系が標準的な実績、長距離のロベルト系はともかく、ダンジグ系のは大きくマイナス補正が必要か。

父馬

続いて、父馬の産駆実績を確認していきましょう。

京都芝千四外・単勝20倍未満対象
父名 総数 1着数 勝率 単回値 複勝率 複回値 平オッズ 平人気 父名
ディープインパクト 71 10 14.1% 68 36.6% 64 7.5 3.4人気 ディープインパクト
サクラバクシンオー 58 13 22.4% 124 39.7% 97 8.1 3.5人気 サクラバクシンオー
ダイワメジャー 45 3 6.7% 47 35.6% 83 9.3 4.3人気 ダイワメジャー
キングカメハメハ 43 6 14.0% 88 30.2% 69 8.7 4.2人気 キングカメハメハ
アドマイヤムーン 34 5 14.7% 71 44.1% 86 7.7 3.4人気 アドマイヤムーン
スペシャルウィーク 22 3 13.6% 84 36.4% 86 7.8 3.6人気 スペシャルウィーク
ステイゴールド 21 3 14.3% 132 23.8% 59 11.4 5.2人気 ステイゴールド
ブライアンズタイム 10 2 20.0% 128 60.0% 141 9.3 4.2人気 ブライアンズタイム
ハーツクライ 9 1 11.1% 61 33.3% 70 7.0 3.8人気 ハーツクライ
ストーミングホーム 5 0 0.0% 0 20.0% 28 12.2 4.8人気 ストーミングホーム
アルデバラン2 5 2 40.0% 108 80.0% 102 3.3 1.8人気 アルデバラン2
ニューイングランド 3 0 0.0% 0 33.3% 73 11.3 5.3人気 ニューイングランド
Fastnet Rock 3 1 33.3% 145 66.7% 110 4.6 2.0人気 Fastnet Rock
Zensational 2 1 50.0% 226 50.0% 85 4.6 3.0人気 Zensational
サウスヴィグラス 1 0 0.0% 0 0.0% 0 18.7 7.0人気 サウスヴィグラス
Harlan’s Holiday 1 1 100% 550 100% 180 5.5 2.0人気 Harlan’s Holiday
Belgravia                 Belgravia
広告

注目の血

サクラバクシンオー 勝率22.4% 複勝率39.7%

スワンS・優勝馬グランプリボス輩出

  • バクシンテイオー  × 母父◇祖サンデーサイレンス サンデーサイレンス

アドマイヤムーン 勝率14.7% 複勝率44.1%

  • ムーンクレスト   × 母父◆サドラーズウェルズ系 Singspiel

ダイワメジャー 勝率6.7% 複勝率35.6%

スワンS・優勝馬コパノリチャード、2着馬サンライズメジャーダイワマッジョーレ輩出

  • サンライズメジャー × 母父◆デピュティミニスター系 Deputy Minister

ブライアンズタイム 勝率20.0% 複勝率60.0%

  • ダンツプリウス   × 母父◆サンデーサイレンス系 マンハッタンカフェ

ちょっと一言

サクラバクシンオーは文句なしの高適正。アドマイヤムーンはジリっぽさが見られるのか、好走はするものの勝ち切れない。

ダイワメジャーは適正的にはマイナス方向だけれども、騎手で例えるとミルコ・デムーロ騎手の様な感じと言った方が分かり易いか。賞金高いと本気を出す!みたいな存在。

意外なのがブライアンズタイムで、短距離のイメージがどうにも湧かない。データ不足は否めないが、10頭中6頭が複勝圏内に入っており、しかも単勝複勝回収率も超優秀。

 

>>次頁では母父系の分析です。

広告