シンハライト回避

牝馬三冠レースの最終戦、秋華賞(G1)が10月16日(日)京都競馬場にて行われます。

前哨戦のローズS(G2・阪神)、単勝1.6倍と断然の支持を受けた1番人気のシンハライトは大外から直線一気で逃げ馬をハナ差捕え勝利し、見事人気に応えました。

秋華賞の大本命間違いなしで皆の注目は相手探しだ、と思っていたのも束の間、先週10月5日シンハライト号の左前浅屈腱炎がJRAホームページで発表され、同時に秋華賞回避の知らせが競馬ファンを落胆させましたね。

今年はドゥラメンテが凱旋門賞へのステップとしていた宝塚記念後に故障・引退の発表、メジャーエンブレムリオンディーズの戦線離脱もありましたし、リアルスティールも怪しい。

主役・大本命候補がこういう事になるのはとても残念ですが、気を取り直して秋華賞の血統分析の方に戻っていきましょう。

秋華賞が行われる舞台は、京都芝二千の内回りコースで、残り1100メートル辺りから三コーナーにかけて高低差4.3メートルの坂を上りはじめます。

四コーナーに差しかかる頃からラスト600メートルは平坦コースで、直線距離は約330メートルと短い為、やはり逃げ先行馬に有利な傾向がありますね。

それでは今年の登録メンバーの血統をご覧下さい。

秋華賞(G1)・京都芝二千内回り
賞金 馬名 父系 母父系 父名 母父名 馬名
12600 3 シンハライト ◆サンデーサイレンス系 ◆サドラーズウェルズ系 ディープインパクト Singspiel シンハライト
6450 3 ジュエラー ◆サンデーサイレンス系 ◇ファラリス系傍流1913 ヴィクトワールピサ Pistolet Bleu ジュエラー
2650 3 ビッシュ ◆サンデーサイレンス系 ◇ポト8ーズ系傍流1773 ディープインパクト Acatenango ビッシュ
2300 3 ウインファビラス ◆サンデーサイレンス系 ◆グレイソヴリン系 ステイゴールド アドマイヤコジーン ウインファビラス
2150 3 エンジェルフェイス ◆キングマンボ系 ◆グレイソヴリン系 キングカメハメハ Tejano Run エンジェルフェイス
1950 3 パールコード ◆サンデーサイレンス系 ▽セントサイモン系1881 ヴィクトワールピサ Lost Code パールコード
1950 3 クロコスミア ◆サンデーサイレンス系 ◆シアトルスルー系 ステイゴールド ボストンハーバー クロコスミア
1850 3 ダイワドレッサー ◆サンデーサイレンス系 ◆フォーティナイナー系 ネオユニヴァース スウェプトオーヴァーボード ダイワドレッサー
1800 3 デンコウアンジュ ◆サドラーズウェルズ系 ◇他ノーザンダンサー系 メイショウサムソン マリエンバード デンコウアンジュ
1600 3 ヴィブロス ◆サンデーサイレンス系 ◇他ミス・プロ系 ディープインパクト Machiavellian ヴィブロス
1600 3 ゲッカコウ ◇他ターントゥ系 ◆ロベルト系 ロージズインメイ シンボリクリスエス ゲッカコウ
1500 3 ミエノサクシード ◆サンデーサイレンス系 ◆シアトルスルー系 ステイゴールド A.P. Indy ミエノサクシード
1400 3 レッドアヴァンセ ◆サンデーサイレンス系 ◆リファール系 ディープインパクト ダンシングブレーヴ レッドアヴァンセ
1100 3 フロンテアクイーン ◆サドラーズウェルズ系 ◇祖サンデーサイレンス メイショウサムソン サンデーサイレンス フロンテアクイーン
900 3 ワンダーピルエット ◇他ミス・プロ系 ◆ロベルト系 エンパイアメーカー グラスワンダー ワンダーピルエット
900 3 フロムマイハート ◆サンデーサイレンス系 ◇他ミス・プロ系 ハーツクライ アグネスデジタル フロムマイハート
900 3 パーシーズベスト ◆サンデーサイレンス系 ◇他ミス・プロ系 ディープインパクト Smoke Glacken パーシーズベスト
900 3 ネオヴェルザンディ ◆ロベルト系 ◆ストームキャット系 Temple City Stormin Fever ネオヴェルザンディ
900 3 キンショーユキヒメ ◆サドラーズウェルズ系 ◇祖サンデーサイレンス メイショウサムソン サンデーサイレンス キンショーユキヒメ
900 3 カイザーバル ◇他ミス・プロ系 ◇祖サンデーサイレンス エンパイアメーカー サンデーサイレンス カイザーバル
400 3 クリノラホール ◆サンデーサイレンス系 ◆デピュティミニスター系 ダイワメジャー クロフネ クリノラホール
400 3 クリノサンスーシ ◆ダンジグ系 ◆サドラーズウェルズ系 ベーカバド Sadler’s Wells クリノサンスーシ

 

収得賞金トップ、通算成績6戦5勝のシンハライトが出走しないなんて、黄身の入っていない目玉焼きを出されるようなもの。

だが、それをいかに美味しそうな料理に化けさせるかが、予想好きの腕の見せどころでしょう。

父馬(種牡馬)系統のデータ分析

父系

秋華賞が行われる京都芝二千内回りコースの傾向を、ざっくりな血統傾向を確認してみたいと思いますが、基礎データは単勝オッズ20倍未満の上位人気馬のみを対象にしています。

京都芝二千内回り・単勝20倍未満対象
父系 総数 1着数 勝率 単適回 複勝率 複回値 平オッズ 平人気 父系
◆サンデーサイレンス系 1143 194 17.0% 85 43.9% 82 8.0 3.5人気 ◆サンデーサイレンス系
◆ロベルト系 209 19 9.1% 48 41.1% 76 8.2 3.6人気 ◆ロベルト系
◆キングマンボ系 175 33 18.9% 95 41.7% 77 7.9 3.6人気 ◆キングマンボ系
◆ダンジグ系 75 20 26.7% 136 46.7% 87 8.7 3.6人気 ◆ダンジグ系
◇他ミス・プロ系 66 9 13.6% 65 43.9% 83 7.9 3.3人気 ◇他ミス・プロ系
◆サドラーズウェルズ系 65 9 13.8% 76 43.1% 76 8.2 3.5人気 ◆サドラーズウェルズ系
◇他ターントゥ系 31 4 12.9% 86 32.3% 72 9.3 4.2人気 ◇他ターントゥ系

 

まずは勝率26.7%単勝回収値136%のノーザンダンサー系派生「ダンジグ系」がひと際輝いてみえますねー。複勝率もトップで適正は高いと見ます。

該当馬 クリノサンスーシ

次点でミスタープロスペクター系派生「キングマンボ系」の勝率18.9%、そしてターントゥ系派生で安定の「サンデーサイレンス系」が勝率17.0%となっております。

該当馬 エンジェルフェイス サンデーサイレンス系馬多数

ターントゥ系派生「ロベルト系」は勝率9.1%単勝回収値48%と、勝ち切れない決め手に欠ける苦手なコースと言えそうです。

該当馬 ネオヴェルザンディ

父馬

続いて、父馬の産駆実績を確認していきましょう。

京都芝二千内回り・単勝20倍未満対象
父名 総数 1着数 勝率 単適回 複勝率 複回値 平オッズ 平人気 父名
ディープインパクト 209 43 20.6% 77 50.7% 83 5.9 2.7人気 ディープインパクト
キングカメハメハ 141 28 19.9% 97 42.6% 76 7.5 3.5人気 キングカメハメハ
ネオユニヴァース 100 14 14.0% 67 38.0% 61 8.4 3.6人気 ネオユニヴァース
ハーツクライ 99 14 14.1% 78 42.4% 90 8.8 3.8人気 ハーツクライ
ステイゴールド 99 23 23.2% 122 45.5% 83 8.5 3.8人気 ステイゴールド
ダイワメジャー 29 0 0.0% 0 31.0% 60 9.6 3.9人気 ダイワメジャー
メイショウサムソン 10 4 40.0% 181 60.0% 97 8.6 3.8人気 メイショウサムソン
ヴィクトワールピサ 9 1 11.1% 57 55.6% 106 8.3 3.8人気 ヴィクトワールピサ
ロージズインメイ 8 0 0.0% 0 25.0% 41 9.0 4.3人気 ロージズインメイ
エンパイアメーカー 5 0 0.0% 0 40.0% 76 9.5 4.0人気 エンパイアメーカー
ベーカバド                 ベーカバド
Temple City                 Temple City

 

秋華賞優勝馬はミッキークイーンショウナンパンドラジェンティルドンナと多数の名馬が活躍、勝率20.6%の「ディープインパクト」の牙城は堅い、堅過ぎる。

該当馬 シンハライト ビッシュ ヴィブロス レッドアヴァンセ パーシーズベスト

秋華賞馬アパパネ、3着馬タガノエトワールの「キングカメハメハ」の勝率19.9%単勝回収値97%と期待値はこっち。

該当馬 エンジェルフェイス

秋華賞では特に活躍馬が出ていない「ステイゴールド」ですが、勝率23.2%単勝回収率122%となかなかよろしい。

該当馬 ウインファビラス クロコスミア ミエノサクシード

勝率0%複勝率31%の「ダイワメジャー」は迷わず消し。

該当馬 クリノラホール

メイショウサムソン」は10戦のみとデータ不足気味ですが、勝率40%複勝率60%は侮れないかもしれません。

該当馬 フロンテアクイーン キンショーユキヒメ

 

>>次頁では母父系の分析です。