2016京都牝馬S(G3)・全着順

2016年 2月20日(土) 2回京都7日目 18頭 15:35発走 雨
11R 第51回京都牝馬S
4歳以上・オープン・G3(別定)(牝)(国際)[指定] 芝1400m・外 (B) 重

馬名 騎手 タイム差 通過順 3F・順 単人気
1   14 クイーンズリング 牝4 M.デム 1.22.9   5 3 35.6 3 4.7 1
2 10 マジックタイム 牝5 柴山雄 クビ   10 10 35.4 2 11.5 6
3 11 ウインプリメーラ 牝6 川田将 1 1/2   8 7 35.7 5 6.1 3
4   16 スナッチマインド 牝5 菱田裕 1   8 3 35.8 6 8.6 5
5   2 ウリウリ 牝6 岩田康 1/2   5 3 36.0 9 5.7 2
6 4 ベルルミエール 牝5 川島信 1 1/4   14 13 35.6 3 16.8 9
7   7 ペルフィカ 牝4 武豊 クビ   18 18 35.3 1 29.5 12
8   17 レッドオーヴァル 牝6 ルメール ハナ   12 10 35.9 8 12.5 7
9   1 ダンツキャンサー 牝5 和田竜 クビ   1 1 36.8 14 26.5 11
10   15 リーサルウェポン 牝5 フォーリ ハナ   16 13 35.8 6 18.4 10
11   8 ディープジュエリー 牝4 戸崎圭 1 1/4   10 7 36.3 13 16.4 8
12   13 ゴールデンナンバー 牝7 福永祐 クビ   14 13 36 9 46.6 13
13   9 ヤサカオディール 牝7 酒井学 クビ   12 13 36.1 11 321.0 18
14   5 フレイムコード 牝7 太宰啓 1   2 3 37 15 152.4 14
15   6 ウキヨノカゼ 牝6 四位洋 3/4   16 17 36.1 11 7.5 4
16   18 リメインサイレント 牝6 川原正 1 3/4   5 7 37.1 16 186.5 16
17   12 クールホタルビ 牝4 藤岡佑 1 3/4   2 2 37.8 17 152.6 15
18   3 レオパルディナ 牝4 武幸四 3   2 10 37.9 18 203.5 17

 

京都牝馬Sをみて

今年から京都1400外回りコースで行われた京都牝馬S、このレースを先頭で駆け抜けたのは、ミルコ・デムーロ騎手鞍上のクイーンズリング、マンハッタンカフェ産駒でした。

2走前の秋華賞ではミッキークインの2着、前走のエリザベス女王杯では不利がありながらの0.3秒差と、能力を示していたのは分かっていたのだけれど、

フィリーズレビュー(阪神芝1400・G2)以来の重賞2勝目という事で、やっぱりマイル前後がピッタリなのだろうねー。

外枠14番から発馬してすんなりと好位の後ろを追走し、ジワジワと前へ進出しながら重馬場にも難なく対応、危なげのないレースっぷりで追いすがる2着馬にクビ差先着。

2着馬マジックタイムの追込みっぷりは結構見応えがあったけれど、それよりも菱田騎手とスナッチマインドの先走り競馬の方が印象に残った感じかなー。

直線で、あと3秒ぐらい仕掛けを我慢すれば勝ってたんじゃないかと・・・んー、惜しい。

まだ1000万下の条件戦を勝ち上がったばかりの準オープン馬なわけで、次走はまず間違いなく人気になるんだろうけど、あっさり勝って欲しいねー。

 

予想結果

本命◎のウインプリメーラは川田騎手の頑張りのお陰か、なんとか3着でフィニッシュ。

芝1400のペースに若干戸惑っていたのか、先行集団には付いていけない感じの中団待機策、勝負所では一瞬、気を抜きかけた様に見えましたが最後まで諦めず走ってくれました。

いやぁ、流石にちょっとヒヤヒヤしたわぁ。

マジックタイムは重馬場適性が高いのかな?ただ1頭だけ、後ろから追いこんでの上位入線。

しかし、予想上では相手筆頭候補に挙げたベルルミエールはまたしても出遅れ。

狙っていた昨年の京都牝馬Sでも、たしか出遅れた記憶があるし、ここぞという時に出遅れるのは鞍上の川島はん、なんとかなりまへんかー?