シンザン記念の結果

3日間開催の2日目に行われた京都競馬場での重賞、第50回日刊スポーツ賞シンザン記念(G3)は、8番人気ロジクライが浜中騎手の好騎乗に導かれゴール板を駆け抜けた!

直線大外から凄い脚で強襲した2番人気のジュエラーが2着、3コーナー手前から先頭に立った11番人気のシゲルノコギリザメが3着に粘り込み、波乱の結果となりました。

浜中騎手としては昨年11月の重賞、みやこS(G3)でのロワジャルダン、須貝調教師&ハーツクライ産駒としては、昨年9月の重賞、札幌2歳S(G3)でのアドマイヤエイカン以来の勝利。

 

  馬名 性齢 騎手 調教師 父馬 タイム 位置 単勝 人気 本賞金
6 ロジクライ 牡3 浜中俊 須貝尚介 ハーツクライ 1.34.1 先行 22.5 8 3800
7 ジュエラー 牝3 M.デム 藤岡健一 ヴィクトワールピサ クビ 追込 4.1 2 1500
14 シゲルノコギリザメ 牡3 太宰啓介 谷潔 スーパーホーネット クビ 逃げ 56.8 11 950
2 アストラエンブレム 牡3 ルメール 小島茂之 ダイワメジャー ハナ 先行 4.6 3 570
3 レオナルド 牡3 川田将雅 藤原英昭 アドマイヤムーン 1 1/4 中団 15.8 6 380

 

この京都芝1600・外回りコースの浜中騎手は、やはり、一味違いますね。5.4番人気で勝率19.6%の実績は伊達じゃない。

スタート後、手応え抜群ですんなり好位に位置し、何時の間にか最内を確保。そこから、インコースにこだわり距離的有利を保ち続け、直線では早めに抜け出してクビ差、見事1着入線。しかし、京都は本当に前が止まらない。

1番人気ピースマインド(藤岡康)には、もっと積極的な競馬をしても良かったような気がする。中途半端なハナ争いで馬と喧嘩し、競争意欲を殺いで直線では逆噴射しちゃいました。まだまだ、幼く気難しい馬なんでしょう。

最後の直線の鬼脚が凄かったジュエラーですが、あれはミルコ・デムーロが乗ったからじゃないかと見てる。ドゥラメンテもサンビスタもリオンディーズも、ミルコ以外が乗ったらあそこまで伸びない様な気がします。

フェアリーSの結果

3日間開催の最終日に中山競馬場で行われた重賞、第32回フェアリーS(G3)は、スタートダッシュを決めた3番人気ビービーバーレルが、後続の追い上げを尻目にそのまま逃げ切っての勝利。

2着には10番人気のダイワドレッサー、3着には7番人気のダイワダッチェスと先行組がそのまま残り、こちらの重賞も波乱の決着。

中館調教師は初の重賞勝利を「逃げ」で果たし、同時に種牡馬パイロ産駒初のJRA重賞馬誕生。石橋騎手としては、2012年の天皇賞・春(G1)を14番人気ビートブラックでの逃げ切り以来の勝利となった。

 

  馬名 性齢 騎手 調教師 父馬 タイム 位置 単勝 人気 本賞金
6 ビービーバーレル 牝3 石橋脩 中舘英二 パイロ 1.34.3 逃げ 6.8 3 3500
4 ダイワドレッサー 牝3 三浦皇成 鹿戸雄一 ネオユニヴァース 1 3/4 先行 17.8 10 1400
5 ダイワダッチェス 牝3 柴田善臣 菊沢隆徳 ワークフォース  3/4 先行 11.6 7 880
13 クードラパン 牝3 田辺裕信 久保田貴 ダイワメジャー クビ 先行 8.0 4 530
3 コパノマリーン 牝3 田中勝春 斎藤誠 ヴィクトワールピサ 1 1/4 中団 10.2 6 350

 

すんなり、先頭に立ったビービーバーレルと、それを追いかける先行集団で上位を占めたレースでしたが、後方の馬達には色々と大変なレースでした。

最初のコーナーでは、中山コースに不慣れなのかL.コントレラス騎手鞍上のレッドシルヴィがバランスを崩す格好で、後方がゴチャ付いた姿が見られ不穏な形でレースが進む。

インコースの先行馬が悠々と最後の直線に入ってラストスパートした所を、好位の後ろに位置していたコパノマリーン(田中勝)が大きく外側にヨレて斜行してしまい、レースを壊してしまいました。

巻き込まれ不利を受けた馬、レッドシルヴィ、ルミナスティアラ(内田)、シーブリーズラブ(横山典)、ハマヒルガオ(石川)は、全く力を出し切っていないので人気落ちなら次走狙いたいです。